ワイルドライフ (映画)

ワイルドライフ』 (Wildlife) は、2018年アメリカ合衆国ドラマ映画。俳優ポール・ダノの初監督作品で、出演はキャリー・マリガンジェイク・ギレンホールエド・オクセンボールド英語版ビル・キャンプなど。

ワイルドライフ
Wildlife
監督 ポール・ダノ
脚本 ポール・ダノ
ゾーイ・カザン
原作 リチャード・フォード
『Wildlife』
製作 オーレン・ムーヴァーマン
ジェイク・ギレンホール
リヴァ・マーカー
アン・ルアク
アレックス・サックス
アンドリュー・ダンカン
出演者 キャリー・マリガン
ジェイク・ギレンホール
エド・オクセンボールド英語版
ビル・キャンプ
音楽 デヴィッド・ラング英語版
撮影 ディエゴ・ガルシア
編集 マシュー・ハナム
ロウ・フォード
製作会社 ジューン・ピクチャーズ英語版
ナイン・ストーリーズ・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 IFCフィルムズ英語版
日本の旗 キノフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年1月20日(サンダンス映画祭)
アメリカ合衆国の旗 2018年10月19日
日本の旗 2019年7月5日
上映時間 104分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $3,754,539[2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

舞台は1960年代、3人の家族はモンタナ州に越し、幸せに暮らしていた。ある日、息子は母親がほかの男に恋に落ちているところを目撃してしまう。そこから順風満帆だった家族の関係が崩壊していく。

キャスト編集

製作編集

2016年7月、ポール・ダノは初監督作として、リチャード・フォードの小説をゾーイ・カザンとの共同脚本で映画化すると発表した。同時にダノとカザンは本作に出演しないことも分かった[3]。ダノは映画化に際して「リチャードの本には私や他の多くの人のことが書いてあった。私はいつも映画を作りたかった。それは家族の映画をであることを私は知っていた。」と語り[4]、本作が、ダノが機能不全の家族について製作したい映画シリーズの中の最初のものであると語った[5]。本作の製作はジューン・ピクチャーズ英語版ナイン・ストーリーズ・プロダクションズ英語版が務めた[6]。2016年9月、キャリー・マリガンジェイク・ギレンホールが出演することが分かった[6]。本作のスコアはデヴィッド・ラング英語版が作曲した。

撮影編集

主要な撮影は、モンタナオクラホマ(モンタナの冬の気候のため)で行われた[7]

公開編集

本作は、2018年1月20日のサンダンス映画祭で世界初上映された[8][9]。その後、IFCフィルムズ英語版が本作の全米映画配給権を獲得した[10]。2018年5月9日のカンヌ映画祭でも上映され[11]、2018年9月6日のトロント国際映画祭[12]、2018年9月30日のニューヨーク映画祭[13]、2018年10月13日のウッドストック映画祭英語版、2018年10月18日のニューオーリンズ映画祭英語版でも上映された[14]。本作は、2018年10月19日にアメリカで公開された[15]

評価編集

本作は批評家から絶賛されており、観客からも好意的な評価を受けてる。Rotten Tomatoesでは203の批評家レビューのうち93%が支持評価を下し、平均評価は10点中7.7点となった。サイトの批評家の見解は「『ワイルドライフ』は危機に瀕した家族をポール・ダノの美しい映像と、キャリー・マリガンのキャリア史上最高の演技により素晴らしく描けている。」[16]Metacriticでは79のユーザーレビューに基づいて、平均評価は10点中7.4点、Metascoreは41の批評家レビューに基づいて、100点中80点となった[17]

出典編集

  1. ^ Gleiberman, Owen (2018年1月20日). “Sundance Film Review: ‘Wildlife’” (英語). Variety. https://variety.com/2018/film/reviews/wildlife-review-carey-mulligan-1202671259/ 2018年5月23日閲覧。 
  2. ^ Wildlife (2018)” (英語). The Numbers. 2020年8月24日閲覧。
  3. ^ McNary, Dave (2016年7月29日). “Paul Dano to Make Directorial Debut With Indie Drama ‘Wildlife’” (英語). Variety. https://variety.com/2016/film/news/paul-dano-direct-drama-wildlife-movie-1201826764/ 2016年10月31日閲覧。 
  4. ^ Smith, Nigel (2016年9月23日). “Jake Gyllenhaal and Carey Mulligan to star in Paul Dano's Wildlife” (英語). The Guardian. https://www.theguardian.com/film/2016/sep/23/jake-gyllenhaal-carey-mulligan-paul-dano-wildlife 2016年10月31日閲覧。 
  5. ^ Maniglia, Valentin. “THE SOUND OF CANNES #1” (英語). magazine.scoreit.org. http://magazine.scoreit.org/the-sound-of-cannes-1-day-1-day-4/ 2018年7月24日閲覧。 
  6. ^ a b Pedersen, Erik (2016年9月23日). “Jake Gyllenhaal & Carey Mulligan Star In ‘Wildlife’, Paul Dano’s Directing Debut” (英語). Deadline.com. http://deadline.com/2016/09/wildlife-jake-gyllenhaal-carey-mulligan-paul-dano-directing-debut-1201825349/ 2016年10月31日閲覧。 
  7. ^ Asher, Sally (2016年10月28日). “Movie to be partially filmed in Enid” (英語). enidnews.com. http://www.enidnews.com/news/local_news/movie-to-be-partially-filmed-in-enid/article_8a22e59c-9d41-11e6-ac3f-8387df3ff7ac.html 2016年10月31日閲覧。 
  8. ^ Debruge, Peter (2017年11月29日). “Sundance Film Festival Unveils Full 2018 Features Lineup” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/sundance-film-festival-2018-lineup-program-1202625522/ 2017年11月29日閲覧。 
  9. ^ Hayes, Eric (2018年1月21日). “Day 3: Carey Mulligan Embarks on a Frantic Search for Meaning in Paul Dano’s ‘Wildlife’; Lakeith Stanfield Stars in a Delightful Oddity” (英語). Sundance Film Festival. 2018年7月23日閲覧。
  10. ^ Hipes, Patrick (2018年2月12日). “Paul Dano’s ‘Wildlife’ Acquired By IFC Films After Sundance Bow” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/02/wildlife-movie-paul-dano-ifc-films-deal-1202286444/ 2018年7月23日閲覧。 
  11. ^ Keslassy, Elsa (2018年4月16日). “‘Wildlife’ With Jake Gyllenhaal and Carey Mulligan to Headline Cannes Critics’ Week” (英語). Variety. https://variety.com/2018/film/news/cannes-critics-week-lineup-wildlife-paul-dano-jake-gyllenhaal-carey-mulligan-1202753669/ 2018年7月23日閲覧。 
  12. ^ Vlessing, Etan (2018年7月24日). “Toronto: Timothee Chalamet Starrer 'Beautiful Boy,' Dan Fogelman's 'Life Itself' Among Festival Lineup” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/tiff-2018-lineup-beautiful-boy-life-more-1129445 2018年7月24日閲覧。 
  13. ^ Wildlife” (英語). New York Film Festival. 2018年8月28日閲覧。
  14. ^ Wildlife” (英語). New Orleans Film Society. 2019年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月30日閲覧。
  15. ^ Erbland, Kate (2018年7月23日). “‘Wildlife’: First-Time Filmmaker Paul Dano on How Zoe Kazan Helped Him Make His Passion Project” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/2018/07/wildlife-paul-dano-zoe-kazan-carey-mulligan-jake-gyllenhaal-1201986034/ 2018年7月23日閲覧。 
  16. ^ Wildlife (2018)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年8月24日閲覧。
  17. ^ Wildlife Reviews” (英語). Metacritic. 2020年8月24日閲覧。

外部リンク編集