ワット・ヤイチャイモンコン

ワット・ヤイチャイモンコン(Wat yai chai mongkhon、タイ語: วัดใหญ่ชัยมงคล)は、タイアユタヤにある仏教寺院である[2]。寺院の正面は東を向き、約183.8×130.8メートルの周壁が方形に囲んでいる。寺院の名は「吉祥なる勝利の寺院」の意を持つ[3]

ワット・ヤイチャイモンコン
วัดใหญ่ชัยมงคล
Wat Yai Chai Mongkhon
Wat Yai Chai Mongkon in Ayutthaya.jpg
ワット・ヤイチャイモンコンの位置(タイ王国内)
ワット・ヤイチャイモンコン
タイ王国における位置
基本情報
座標 北緯14度20分44秒 東経100度35分33秒 / 北緯14.34556度 東経100.59250度 / 14.34556; 100.59250座標: 北緯14度20分44秒 東経100度35分33秒 / 北緯14.34556度 東経100.59250度 / 14.34556; 100.59250
宗教 仏教
地区 アユタヤ郡
アユタヤ県
タイ王国の旗 タイ
現況 遺跡
建設
創設者 ウートーン
完成 14世紀中頃
建築物
横幅 183.8m
奥行 130.8m
最長部(最高) 72m[1]
テンプレートを表示

歴史編集

 
ワット・ヤイチャイモンコンの仏塔

寺院は、1351年にアユタヤ王朝を創設した王ウートーン(ラーマーティボーディー1世)により建立された。この寺院は当初、ワット・パーケオ (Wat Pa Kaeo) と名付けられた[2]。また、一般に寺院は、ワット・ヤイ (Wat Yai) とも呼ばれていた[3]

その後、1587年にアユタヤの独立を回復したナレースワンが、勝利を記念して仏塔(チェーディー)を奉納した。その仏塔の1基は、プラ・チェーディー・チャイ・モンコン(Phra Chedi Chai Mongkon、「吉祥なる勝利の仏塔」の意)と呼ばれた。現在の寺院の名称はそれに由来する[2]

脚注編集

  1. ^ ワット・ヤイ・チャイ・モンコン”. タイ国政府観光庁. 2017年8月2日閲覧。
  2. ^ a b c Wat Yai Chai mongkhon (วัดใหญ่ชัยมงคล)”. Ayutthaya Historical Research (2016年3月). 2017年7月30日閲覧。
  3. ^ a b 中村浩『ぶらりあるきチェンマイ・アユタヤの博物館』芙蓉書房出版、2016年、174頁。ISBN 978-4-8295-0701-8

関連項目編集

外部リンク編集