メインメニューを開く

ワハン人アフガニスタン北東部とタジキスタン南東部のバダフシャーン地方のワハーンの民族である。タジキスタン中国新疆ウイグル自治区パキスタンワハーンの近隣地域やパキスタンチトラル地区ゴジャル英語版にもいる[3][4]ワハーン人ワヒ人ワヒー人ヒク人ワハニワハーニーワーハーニーワヒワヒーヒクとも呼ぶ。ワハニワハーニーワーハーニーワヒワヒーワハーンが由来である。また、パキスタンゴジャルではゴジャル人グジャリとも呼ぶ。グジャリとはゴジャルの人という意味である。ワハン人はワハン語を話す。

ワハン人
Yakovlev Mirza.jpg
ワハン人の肖像画
総人口
約7万~10万人[1][2]
居住地域
アフガニスタンの旗 アフガニスタン 不明
中華人民共和国の旗 中国 不明
パキスタンの旗 パキスタン 不明
タジキスタンの旗 タジキスタン 不明
言語
ワハーン語
宗教
イスラム教シーア派イスマーイール派ニザール派民族宗教

ワハン人はアフガニスタンでは公的にはパミール人と呼ばれ、中国では公的にはタジク人とみなしている。タジキスタンでも公的にはタジク人とされているが、ワハン人自身はパミール人と考えていて、パキスタンではワハン人自身はパミール人でゴジャル人と考えている。

宗教はイスラム教シーア派イスマーイール派ニザール派民族宗教である[2][5]

ワハン人は主にヤクと馬の群れに依存した遊牧生活を送っている.[6] 。夏の住居と冬の住居というように2つの住居を持っているものもいて、家は石と芝で建てる[6]

うっすら雪が積もるワハン回廊で薪を集めているワハン人男性。

脚注編集

  1. ^ Coates, Ken (2004). A global history of indigenous peoples: Struggle and survival. New York: Palgrave MacMillan, 1403939292
  2. ^ a b West, Barbara (2008). Encyclopedia of the peoples of asia and oceania. Facts on File, 0816071098
  3. ^ Distribution of Wakhi Ethnic Group”. Gojal.net. 2007年2月23日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ Phillips, David J. (2001) Peoples on the Move: introducing the nomads of the world Piquant, Carlisle, p. 271, 1-903689-05-8
  5. ^ Shahrani, M. Nazif Mohib (2002) The Kirghiz and Wakhi of Afghanistan University of Washington Press, Seattle, p. 216, 0-295-98262-4
  6. ^ a b Khyber Pakhtunkhwa: People and Tribes”. Government of the Khyber Pakhtunkhwa. 2015年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015-03-16 閲覧。

参考文献編集

  • Felmy, Sabine (1996) The Voice of the Nightingale: A Personal Account of the Wakhi Culture in Hunza Oxford University Press, New York, 0-19-577599-6.
  • Shahrani, M. Nazif. (1979) The Kirghiz and Wakhi of Afghanistan: Adaptation to Closed Frontiers and War University of Washington Press, Seattle, 0-295-95669-0; 1st paperback edition with new preface and epilogue (2002), 0-295-98262-4.

外部リンク編集