ワールドシリーズ・バイ・ルノー

ワールドシリーズ・バイ・ルノー(WSR)は、かつて開催されたルノー・スポールが主催するカーレースシリーズだった[1][2]。2005年から開催され、主にメインレースのフォーミュラ・ルノー 3.5、サポートレースのユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 2.0ユーロカップ・メガーヌ・トロフィーが行われた。

シリーズのフラッグ

歴史 編集

2005年、ルノー・スポールはワールドシリーズ・バイ・ルノーを開催し、メインレースにワールドシリーズ・バイ・ニッサンフォーミュラ・ルノーV6・ユーロカップを統合した、フォーミュラ・ルノー3.5を開始した。またユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 2.0ユーロカップ・メガーヌ・トロフィーも、メインのフォミュラ・ルノー3.5をサポートする為、2005年にシリーズに加わった。メガーヌ・トロフィー終了後の2015、2016年にルノー・スポール・トロフィーが開催され、F4・ユーロカップ 1.6も2010年のみワールドシリーズの一部になった[3]。またユーロカップ・クリオも開催された。

このシリーズの入場料はパドックへの入場を含めてすべてが無料。平均入場者数は10万人を超える人気を誇った[1]

2015年7月末、ルノー・スポールは2016 年以降、フォーミュラ・ルノー 3.5への支援を打ち切り、シリーズの管理を共同主催者のRPMに引き継ぐことを発表した。しかしルノー・スポール・トロフィーとフォーミュラ・ルノー 2.0 ユーロカップでルノー・スポール・シリーズを継続すると述べた[4]。そして翌年の2016年限りでシリーズは終了した。

脚注 編集

  1. ^ a b 第135回:大盛況の「ワールドシリーズbyルノー」とは? イベント責任者に成功の秘密を聞く”. webCG. 2011年12月20日閲覧。
  2. ^ Wsr(ワールドシリーズ・バイ・ルノー)とエルフ”. エルフ・ジャパン. 2022年9月25日閲覧。
  3. ^ L'Academy esce dalla World Series Renault - F.4 RENAULT - ITALIARACING.net”. 2014年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月13日閲覧。
  4. ^ Mills, Peter (2015年7月31日). “Renault in handover talks for Formula Renault 3.5 in 2016”. autosport.com (Haymarket Media). http://www.autosport.com/news/report.php/id/120168 2015年8月1日閲覧。 

外部リンク 編集