メインメニューを開く

ワールド・メイヤー英語: World Mayor)は、2004年からシティ・メイヤーズ・ファウンデーション(The City Mayors Foundation)が主催しているである。日本語では世界の市長世界最高市長世界市長賞などと訳される。国際的に「市長」の認知度を高めるため、また国内的・国際的な都市の幸福に貢献した市長を称えるために開催されている。シティ・メイヤーズ・ファウンデーションはいかなる都市や組織とも関係を持たず、商業目的を持たない。受賞資格者は現職の市長のみである。

歴史編集

2004年に設立され、2005年を除いて偶数年に隔年で開催されている。第1回目の2004年度にはアルバニアティラナエディ・ラマが受賞した。ラマは2011年にティラナ市長を退き、2013年よりアルバニア首相を務めている。2005年度にはギリシャ・アテネドラ・バコヤンニが受賞した。バコヤンニは女性初のアテネ市長である。2006年度にはオーストラリアメルボルンジョン・ソーが受賞した。ソーは香港系オーストラリア人であり、直接選挙によって選ばれた初のメルボルン市長である。2008年度からは隔年開催となり、2008年度は南アフリカケープタウンヘレン・ツィレが受賞した。2010年度にはメキシコメキシコシティマルセロ・エバルドが受賞した。2012年度は数百人の候補者が第1次候補としてノミネートされ、25人が最終候補にノミネートされ、その内訳は北アメリカが5人、南アメリカが4人、ヨーロッパが7人、アジアが5人、オセアニアが2人、アフリカが2人だった。2012年10月20日までに投票が行われ、2013年1月8日にスペイン・ビルバオイニャキ・アスクナが受賞者として発表された。

日本人では、2004年度に広島市秋葉忠利が、2005年度に広島市の秋葉忠利と北九州市末吉興一が、2006年度に東京都(知事)の石原慎太郎が、2008年度に広島市の秋葉忠利と横浜市中田宏が、2012年度に大阪市橋下徹が、2014年度に千葉市熊谷俊人福岡市高島宗一郎がノミネートされている。

歴代受賞者編集

脚注編集

  1. ^ List of finalists for World Mayor 2004”. World Mayor. 2014年4月28日閲覧。
  2. ^ The 2005 World Mayor finalists”. World Mayor. 2014年4月28日閲覧。
  3. ^ Australia. “John So - World Mayor 2006”. Only Melbourne. 2012年7月2日閲覧。
  4. ^ The 2006 World Mayor finalists”. World Mayor. 2014年4月28日閲覧。
  5. ^ Zille wins World Mayor prize - Mail & Guardian Online”. Mg.co.za (2008年10月13日). 2012年7月2日閲覧。
  6. ^ ICLEI Africa - World Mayor Award 2008”. Iclei.org (2008年10月14日). 2012年7月2日閲覧。
  7. ^ Zille wins top world mayor award”. Polity.org.za. 2012年7月2日閲覧。
  8. ^ Mayors from 50 cities competed for the 2008 World Mayor Award”. World Mayor. 2014年4月28日閲覧。
  9. ^ vom Hove, Tann. “The 210 results”. World Mayor. 2012年7月2日閲覧。
  10. ^ ビルバオ市”. 2014年4月28日閲覧。
  11. ^ World Mayor 2012: The final long-list”. World Mayor. 2014年4月28日閲覧。
  12. ^ World Mayor site”. 2015年9月2日閲覧。
  13. ^ World Mayor 2014: Longlist in progress”. World Mayor. 2014年4月28日閲覧。

外部リンク編集