ヴァリエテ』(: Varieté)は、1925年公開のドイツサイレント映画。フェリックス・ホレンダーの小説『Der Eid des Stephan Huller』をE・A・デュポン監督で映画化。

ヴァリエテ
Varieté
Variety (1925 film).jpg
監督 E・A・デュポン
製作 エーリッヒ・ポマー
出演者 エミール・ヤニングス
リア・デ・プッティ
ワーウィック・ウォード
マリー・デルシャフト
撮影 カール・フロイント
カール・ホフマン
製作会社 ウーファ
配給 ドイツの旗 ウーファ
アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 中央映画社[1]
公開 ドイツの旗1925年11月16日
アメリカ合衆国の旗1926年6月27日
日本の旗1927年5月20日[2][3]
上映時間 102分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 無声
テンプレートを表示

日本でも公開され、ヨーロッパ映画としては稀に見る興行成績を収め[4]、第4回(1927年)キネマ旬報ベストテンでは第2位に選出された[2]映画理論家帰山教正はとくに性的表現を高く評価したうえで、若い女性にリピーターが多く、「此の映画を見て姦通をした婦人がある」と伝えている[5]。なお、公開時の邦題は『曲藝團(ヷリエテ)』だった[1][3][6]

タイトルの「ヴァリエテ」とは曲芸団のこと。空中ブランコのシーンは、ベルリンに実在したヴィンターガルテン劇場の設定。ブランコにカメラを乗せ、迫力のある画を撮っている[7]

監督のデュポンは1931年にトーキー版を『泣き笑ひの人生』という題名でリメイクしている。

あらすじ編集

ハンブルグで怪しげな見世物小屋を経営しているボスのところに、水夫がベルタ・マリーという娘を連れてくる。

マリーに恋したボスは妻子を捨てて逐電。ベルリンの曲芸団に入り、空中ブランコで生計を立てる。

ある日、空中ブランコの第一人者アルチネーリが二人に目をつけ、トリオを組まないかと申し出る。ボスとマリーは承諾。ヴィンターガルテン劇場での三人の興行は大ヒットする。

マリーは初老のボスより若いアルチネーリを好きになる。二人はボスの目を盗んで密会を繰り返す。

友人たちの落書きで事実を知ったボスはショックを受ける。しかし、空中ブランコのショーは続けなければならない。ボスは動揺する気持ちを抑え、アルチネーリを受け止める。

しかし、その我慢も限界に達し、とうとうボスはアルチネーリを殺害してしまう。

刑務所に服役したボスのところに手紙が届く。それはマリーからではなく、捨てた妻子からの手紙だった。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ a b 筈見恒夫『映画五十年史』鱒書房、1947年、143頁。
  2. ^ a b 田中純一郎『日本映画発達史 (2) 無声からトーキーへ』中央公論新社、1976年、125頁。ISBN 978-4122002968
  3. ^ a b 東京朝日新聞 昭和2年5月19日夕刊の広告(帝国館、武蔵野館)
  4. ^ 筈見恒夫『映画五十年史』鱒書房、1947年、161頁。
  5. ^ 帰山教正『映画の性的魅惑』文久社書房、1928年、161-164頁。
  6. ^ 森岩雄『映画脚本二十講 : トーキー・サイレント』映画知識社、1930年。
  7. ^ Eric, Rhode (1985). A History of the Cinema: from its origins to 1970. New York, USA: Da Capo Press. pp. 184–185. ISBN 978-0-306-80233-1. 

外部リンク編集