メインメニューを開く

ヴィルヘルム2世 (ヘッセン選帝侯)

ヴィルヘルム2世

ヴィルヘルム2世Wilhelm II., 1777年7月28日 - 1847年11月20日)は、第2代ヘッセン選帝侯(在位:1821年 - 1847年)。ヴィルヘルム1世とその妃であったデンマークフレデリク5世の王女ヴィルヘルミーネ・カロリーネの次男。

ハーナウに生まれ、マールブルクライプツィヒで学ぶ。1797年2月13日プロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム2世の王女アウグステ(1780年 - 1841年)と結婚し、彼女との間にフリードリヒ・ヴィルヘルム(のちのフリードリヒ・ヴィルヘルム1世)やマリー(1804年 - 1888年、ザクセン=マイニンゲン公ベルンハルト2世妃)ら三男三女をもうけた。

兄のフリードリヒが1784年に死去したため世子となり、1821年に父ヴィルヘルム1世の死去をうけて第2代ヘッセン選帝侯となった。1830年の革命騒ぎに際してカッセルの宮殿を追われ、息子に実権を引き渡すのを余儀なくされた。1841年に別居していた妻アウグステが他界すると、長年の愛妾で、既にあいだに8人の子供をもうけていたエミーリエ・オルトレップと再婚した。1843年にエミーリエと死別すると、カロリーネ・フォン・ベルレプシュ男爵夫人と3度目の結婚をした。

1847年11月20日フランクフルト・アム・マインで死去し、次男のフリードリヒ・ヴィルヘルム1世が後を嗣いだ。

先代:
ヴィルヘルム1世
ヘッセン選帝侯
1821-1847
次代:
フリードリヒ・ヴィルヘルム1世