メインメニューを開く

ヴィータウタス・マチェルニス

ヴィータウタス・マチェルニスVytautas Mačernis1921年6月5日 - 1944年10月7日)は、リトアニア詩人である。

ヴィータウタス・マチェルニス
誕生 (1921-06-05) 1921年6月5日
 リトアニア シャルネレ
死没 (1944-10-07) 1944年10月7日(23歳没)
 リトアニア ジェマイチュー・カルヴァリヤ
墓地  リトアニア シャルネレ
国籍  リトアニア
最終学歴 ヴィータウタス・マグヌス大学
ヴィリニュス大学
親族 ヴラダス・マチェルニス(父)
エルジュビエタ・ヴィチュリーテ=マチェルニエネ(母)
テンプレートを表示

経歴編集

 
ジェマイチュー・カルヴァリヤで彼が撃たれた現場
 
故郷シャルネレにある彼の墓

シャルネレ村(現在はプルンゲ地区自治体)の大家族(13人兄弟だが、うち6人は幼少期に死没)で生まれ育った。1934年、祖母が80歳で亡くなる。

1935年セダ・プロギムナジウムを卒業。その後テルシェイ・ギムナジウムに入学し、在学中に詩を書き始める。1938年、ヴィータウタスの父が妻と7人の子どもを残して亡くなる。

1939年にテルシェイ・ギムナジウムを卒業し、ヴィータウタス・マグヌス大学に入学。そこで英語学を専攻しつつ、青年文学活動にも関わるようになる。 た。

1940年ヴィリニュス大学に転入学して2学期間学んだあと、哲学を専攻。リトアニア研究の授業も取り、ヴィンツァス・クレヴェヴィンツァス・ミーコライティス=プティナスの授業に参加、バリース・スルオガのゼミにも参加した。

1943年にナチス当局によってヴィリニュス大学が閉鎖され、マチェルニスは故郷へと戻った。パリソルボンヌ大学への入学を希望していたことから、故郷でフランス語を学んだ。彼は、リトアニア語、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、ロシア語、ラテン語、ギリシャ語の8か国語に長けていた。

1944年10月7日ジェマイチュー・カルヴァリヤで移動中に流れ弾に当たり、死没。

作品編集

彼は1936年に処女作を書き、1944年10月まで執筆を続けた。彼の作品は没後本として出版された。

後世への影響編集

セダにあるギムナジウムは現在、彼の名を冠して「セダ・ヴィータウタス・マチェルニス・ギムナジウム」と呼ばれている。

脚注編集

外部リンク編集