メインメニューを開く

ヴォイテク・クルティカ(Wojciech Kurtyka, 1947年9月20日 - )は、ポーランド登山家、クライマー。アルパインスタイルによる高所登山のパイオニアの一人。

目次

経歴編集

21歳のときに登山を始め、ポーランドのタトラ山脈で多くの困難な登攀をこなす。1971年にはアルプスに初遠征する。 1973年にはノルウェートロール壁英語版の冬季初登頂に成功したことで、海外でよく知られるようになった。1972年からヒマラヤ方面の遠征を開始し、同年、ヒンドゥークシュアケール・キオー北西稜の初登攀をアルパインスタイルで成し遂げた。1974年と76年にポーランド隊の大規模な極地法遠征に参加したが敗退し、それ以後は軽装備の登山スタイルに専念する。

クルティカはアルパインスタイルでいくつもの初登攀を成し遂げている。有名な登攀には、ガッシャーブルムIV峰西壁初登攀、ブロードピークの3峰縦走、トランゴタワー東壁初登攀、チョ・オユー南西壁とシシャパンマ南西壁の初登攀(それぞれ1日で登攀)、などがある。 チームメイトには世界的に著名なヒマラヤ登山家が多い。例えば、アレックス・マッキンタイア(1977, 1978, 1980, 1981)、イェジ・ククチカ(1981, 1983, 1984)、ダグ・スコット(1993)、エアハルト・ロレタン(1988, 1990, 1991, 1997)、ラインホルト・メスナー(1982)、山野井泰史(2000, 2001)などがいる。

登山歴編集

ロッククライミング編集

  • 8a, 8a+までの新ルート(ポーランドのクラッグ)
  • 7c+ルートのフリーソロ(1985年)

ヨーロッパ編集

スカンジナビア

  • 1973 – トロール壁英語版北壁、冬季初登頂 (Marek Kęsicki、Ryszard Kowalewski、Tadeusz Piotrowskiと)

アルプスモンブラン山塊

ヒマラヤ編集


敗退した遠征

参考文献編集

出典編集