メインメニューを開く

山野井妙子

日本の登山家

山野井 妙子(やまのい たえこ、1956年 - )は、日本の登山家。旧姓は長尾妙子。夫は同じく登山家である山野井泰史東京都西多摩郡奥多摩町在住。

登山歴編集

  • 1982年笠松美和子と共に、グランドジョラス北壁ウォーカー稜を、女性としては冬季初登攀。
  • 1991年
    • 7月30日 東京都岳連隊(川嶋保幸隊長)としてブロードピークに無酸素登頂。チームメンバーは小西浩文、山野井泰史ら7名。
    • 10月7日、ベルニナ山岳会隊の石坂工と共に、ヒマラヤマカルーに無酸素登頂に成功するも、下山中に嵐に巻き込まれたため、8100m地点で二日間の露営を余儀なくされる。石坂隊員が凍死。山野井は命は助かったが、重度の凍傷によって、手の指を第二関節から先の10本全てと、足の指8本の切断の重傷を負う。
  • 1993年7月31日 ガッシャーブルムII峰 に無酸素登頂。チームメンバーは小西浩文、山野井泰史、戸高雅史
  • 1994年9月4日 遠藤由加とのコンビでチョ・オユーに遠征。ヒマラヤ屈指の難ルートで知られる南西壁をアルパインスタイルで登頂。直前に別ルートで単独登頂した山野井泰史に続き南西壁の第三登(スイス・ポーランドルートの第二登)を果たす。
  • 2002年、夫の泰史と共にヒマラヤギャチュン・カン北壁で雪崩に遭う。この時に二人とも重度の凍傷になり、妙子はさらに指を深く切断する重症、泰史は両手の薬指と小指、右足の全ての指を切断する重傷を負う。

脚注編集

参考文献編集