メインメニューを開く

一ノ矢藤太郎

一ノ矢 藤太郎(いちのや とうたろう、1856年3月25日 - 1923年2月15日)は、青森県南津軽郡田舎館村出身の大相撲力士高砂部屋所属。最高位は大関。本名は福士藤太郎。現役時代の体格は178cm、95kg[1]

目次

来歴編集

角界の革命児と謳われた初代高砂に入門し、1880年明治13年)5月場所で、序ノ口に付け出されて初土俵を踏んだ。序ノ口から7場所目となる1883年(明治16年)5月場所で入幕を果たす[1]幕下二段目から十両を一気に飛び越しての昇進であり、期待の大きさをうかがわせる。

178cmという身長は当時にあって長身、力も強く左四つからの吊り、寄りを武器に幕内にあっても期待通りの活躍を見せた。新入幕の場所で7勝2敗を挙げていきなり優勝相当の好成績を挙げ、初代西ノ海(のち16代横綱大達(のち大関)とともに「高砂三羽烏」と謳われた。平幕暮らしが長かったものの入幕から6年後の1889年(明治22年)1月場所で待望の大関に昇進した。ところが2場所とも勝ち越していながら、3場所目の1890年(明治23年)1月場所で関脇に落とされるという不運を味わった。その後3年間三役を務めて1892年(明治25年)6月場所を最後に引退した[1]

引退後は角界には残らず、地元青森に帰って土地相撲を率いて各地を巡業し、当時としては長命の66歳(数え年で68歳)まで生きた。一ノ矢を慕って高砂部屋に入門するものが続出し、一時「津軽部屋」とも呼ばれたほどだったという。そうしたことから、「青森相撲王国中興の祖」と呼ばれている[2]。曾孫は一乃矢藤太郎四股名を名乗り、1960年代前半に幕内で相撲を取った。

主な成績編集

  • 幕内在位:19場所(うち大関2場所、関脇5場所、小結5場所)
  • 幕内成績:67勝33敗4分10預76休 勝率.670
  • 大関成績:9勝5敗1預5休 勝率.643
  • 優勝相当成績:2回(1883年5月場所、1887年1月場所)

脚注編集

  1. ^ a b c ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p17
  2. ^ ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(3) 高砂部屋』p11

関連項目編集