一条 実雅(いちじょう さねまさ、建久7年(1196年) - 安貞2年4月1日1228年5月6日))は、鎌倉時代初期の公卿一条能保の子。従三位参議。伊予宰相中将と号す。

経歴編集

姉婿である西園寺公経猶子となる。建保7年(1219年)、鎌倉幕府将軍源実朝右大臣就任の鶴岡八幡宮参詣に随従してその暗殺を目にする事になる。その後、姉の孫にあたる三寅(後の九条頼経)が次の将軍に決まったためにそのまま鎌倉に滞在してその補佐を行うこととなる。貞応元年(1221年)には参議に任じられ、執権北条義時の娘を妻に迎えた。三寅の側近であると共に義時の婿ということで幕府内部にも関与し、御家人を集めて独自に軍事訓練をするなど、幕府内に一定の勢力を築いた[1]

ところが、元仁元年(1224年)、妻の母である伊賀の方とその兄伊賀光宗が義時の後継者と目されていた北条泰時を倒そうとした伊賀氏の変が起こり、実雅を三寅に代わる新将軍に立てようとしていたことが発覚、妻と離別させられた上で越前国流刑となった。

だが伊賀氏謀反の風聞については泰時が否定しており、『吾妻鏡』でも伊賀氏が謀反を企てたとは一度も明言しておらず、北条政子に伊賀氏が処分された事のみが記されている。そのため伊賀氏の変は、鎌倉殿や北条氏の代替わりによる自らの影響力の低下を恐れた政子が、義時の後妻の実家である伊賀氏を強引に潰すためにでっち上げた事件とする説もある[2]

4年後、配流先で変死を遂げたとされる[3]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 石井清文『鎌倉幕府連署制の研究』 岩田書院、2020年。 ISBN 978-4-86602-090-7 P31-32.
  2. ^ 永井晋『鎌倉幕府の転換点 「吾妻鏡」を読みなおす日本放送出版協会、2000年
  3. ^ 『尊卑分脈』では「河死」とある。