七人の無頼漢』(しちにんのぶらいかん, 原題:Seven Men From Now)は、1956年制作のアメリカ合衆国西部劇映画バッド・ベティカー監督。ジョン・ウェインがクレジットなしで製作に参加している[1]

七人の無頼漢
Seven Men From Now
監督 バッド・ベティカー
脚本 バート・ケネディ
原案 バート・ケネディ
製作 アンドリュー・V・マクラグレン
ロバート・E・モリソン
ジョン・ウェイン(クレジットなし)
出演者 ランドルフ・スコット
ゲイル・ラッセル
リー・マーヴィン
音楽 ヘンリー・ヴァース
撮影 ウィリアム・H・クローシア
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年8月4日
日本の旗 1957年6月22日
上映時間 78分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

あらすじ編集

元保安官のストライドは7人組の無頼漢に妻を殺されたうえ、大金を奪われた。

彼は復讐のため一味を追う途中、幌馬車に乗ったジョン・グリーアとアニーの夫婦と出会った。その後、マスターズとクリントという2人の男を加えて、一味が潜むと思われる町へ向かった。

だが、途中の露営でマスターズはしつこくアニーに言い寄って怒ったストライドに殴られ、置いていかれた。

腹いせにマスターズは先回りして町に入り、7人組の首領ボディーンと会った。ボディーンは奪った金がグリーアの幌馬車で運ばれてくることを話す。

一方、ストライドも、グリーアがボスのボディーンに大金を届ける途中だとアニーに話しているのを聞き、全てを知った。

ストライドは一計を案じてボディーン一味をおびき寄せ、戦いが始まった。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ Seven Men from Now”. Internet Movie Database. 2012年7月31日閲覧。

外部リンク編集