メインメニューを開く

七北田ダム(ななきたダム)は宮城県仙台市泉区福岡、二級河川七北田川水系七北田川に建設されたダムである。

七北田ダム
Nanakita Dam.JPG
所在地 左岸:
宮城県仙台市泉区福岡字蒜但木向
右岸:
宮城県仙台市泉区福岡字モッペイ
位置 北緯38度21分27秒
東経140度44分13秒
河川 七北田川水系七北田川
ダム湖
ダム諸元
ダム型式 中央土質遮水壁型
ロックフィルダム
堤高 74.0 m
堤頂長 420.0 m
堤体積 2,682,000
流域面積 20.0 km²
湛水面積 50.0 ha
総貯水容量 9,200,000 m³
有効貯水容量 8,500,000 m³
利用目的 洪水調節不特定利水
上水道
事業主体 宮城県
電気事業者 なし
発電所名
(認可出力)
なし
施工業者 間組
着手年/竣工年 1972年/1984年
テンプレートを表示

宮城県土木部河川課・仙台地方ダム総合事務所が管理する都道府県営ダムで、堤高74.0mのロックフィルダムである。旧泉市(現・仙台市泉区)から仙塩地区を流れる二級河川・七北田川の治水と、仙台市・塩竈市への上水道供給を目的とした補助多目的ダムであり、釜房ダム(碁石川)・大倉ダム大倉川)・七ヶ宿ダム白石川)などと共に東北最大の都市・仙台市の水がめとなっている。

歴史編集

  • 1974年 - 工事着手
  • 1983年 - ダム本体コンクリート打設完了
  • 1984年 - 貯水開始・ダム完成

関連項目編集

外部リンク編集