メインメニューを開く

万城目 武雄(まんじょうめ たけお、1891年1月25日 - 1975年3月11日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将

経歴編集

宮城県出身。仙台第二中学校を経て、1912年明治45年)5月陸軍士官学校(24期)を卒業。同年12月、歩兵少尉任官。

1938年昭和13年)3月、歩兵大佐に昇進し独立歩兵第11大隊長となり日中戦争に出征。平定の治安維持に当った。1939年(昭和14年)8月、甲府連隊区司令官に就任。

1941年(昭和16年)1月、第1独立歩兵隊長に発令され太平洋戦争を迎えた。中国南部の諸作戦に参加。1942年(昭和17年)2月、第23軍付として広東市特別警備司令官に就任。

1944年(昭和19年)4月、南方軍付となり、同年10月、歩兵第78旅団長に発令されレイテ島の戦いに従軍。その敗退後、セブ島に渡り遊撃戦を展開した(ビサヤ諸島の戦い)。1945年(昭和20年)3月、陸軍少将に進級し終戦を迎えた。

栄典編集

位階
勲章

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第167号「叙任及辞令」1913年2月21日。
  2. ^ 『官報』第3297号「叙任及辞令」1923年7月26日。

参考文献編集

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。