メインメニューを開く

万泉県(まんせん-けん)は中華人民共和国山西省にかつて存在した県。現在の運城市万栄県南西部に相当する。

中華人民共和国 山西省県 万泉県
620年 - 1954年
簡体字 万泉
繁体字 萬泉
拼音 Wànquán
カタカナ転記 ワンチュエン
国家 中華人民共和国
山西省
専区
政府所在地 運城専区
建置 620年
廃止 1954年 
面積
- 総面積 km²
人口

620年武徳3年)、唐朝により設置された。1266年至元3年)、モンゴル帝国により廃止されたが、1278年(至元15年)に再設置、間もなく廃止され1354年至正14年)に再設置された。1954年栄河県と統合され万栄県と改編された。

中国地名の変遷
建置 620年
使用状況 1954年廃止
万泉県
五代万泉県
北宋/万泉県
南宋/万泉県
万泉県
万泉県
万泉県
中華民国万泉県
現代万泉県