メインメニューを開く

三友 康平(みとも こうへい、1980年3月19日 - )は、福岡県直方市出身のバスケットボール指導者、選手である。

三友 康平
Kohei Mitomo
Mitomo kohei.jpg
ポジション PG/SG
背番号 1
身長 179cm (5 ft 11 in)
体重 71kg (157 lb)
血液型 B型
足のサイズ 28.0cm
基本情報
愛称 "ミト"
ラテン文字 Kohei Mitomo
誕生日 (1980-03-19) 1980年3月19日(39歳)
日本の旗 日本
出身地 福岡県直方市
出身 鞍手高校
鹿屋体育大学
ドラフト 2005年 25位 
選手経歴
2000-2005
2005-2008
2008-2010
2010-2013
福太郎クラブ
大分ヒートデビルズ
ライジング福岡
大分ヒートデビルズ
指導者経歴
2016 鹿児島レブナイズAC
受賞歴

2005年にbjリーグ大分ヒートデビルズと選手契約を結び、プロ選手となる。2008年にbjリーグのライジング福岡に移籍し、2009-10シーズンには最優秀シックスマン賞を受賞する。2010-11シーズンに大分に復帰し、2012-13シーズンをもってプロ選手を引退した。選手としてのポジションはポイントガードシューティングガードだった。

2016年より、Bリーグ・B2の鹿児島レブナイズのアシスタントコーチを務めた。

経歴編集

植木小学校在籍時の6歳の時にバスケットボールを始める。植木中学校を、鞍手高校鹿屋体育大学を経て、そして2002年に社会人クラブである福太郎クラブに入団。そして2005年のドラフト会議で全体25位で大分ヒートデビルズから指名を受ける。

2005年は出場時間が与えられなかった。しかし翌年はほとんどの試合でスターティングメンバーを獲得。

2008年、地元のライジング福岡へ移籍。福岡での2シーズン目となるbjリーグ 2009-10シーズンには先発8試合を含む50試合に出場し、1試合平均でチームの日本人としては最高得点となる9.2得点を記録する。この成績が評価され、最優秀6th Man賞を受賞した[1]

2010-11シーズン、大分ヒートデビルズに復帰する。2012-13シーズン終了後、プロ選手としては引退した。その後、2014年と2015年の国民体育大会に福岡県代表選手として参加した。

2016年、Bリーグ・B2の鹿児島レブナイズのアシスタントコーチに就任した[2]

脚注編集

  1. ^ 2009-2010シーズン、アワード受賞者発表”. bjリーグ (2010年5月12日). 2016年9月1日閲覧。
  2. ^ rebniseの投稿(1146271738729467) - Facebook

関連項目編集