三好 長則(みよし ながのり)は、戦国時代武将三好之長の子で長秀頼澄芥川長光の弟。子に三好三人衆の1人である三好長逸がいる。

 
三好 長則
時代 戦国時代室町時代後期)
生誕 不詳
死没 永正17年5月12日1520年6月7日
別名 次郎・孫四郎
氏族 三好氏
父母 父:三好之長
兄弟 長秀頼澄芥川長光長則
長逸
テンプレートを表示

略歴編集

父と兄長光や従兄弟の新五郎と共に永正17年(1520年)5月5日等持院細川高国六角定頼と戦ったが敗北(等持院の戦い)、5日後の10日に長光と共に投降した。父と新五郎が翌11日に降伏、処刑された翌日の12日に長光と共に処刑された。『二水記』に「壮年者」と書かれているが具体的な年齢は不明[1]

記録により通称・続柄が長光と二郎・孫四郎で入れ替わる説がありはっきりしていない[2]

脚注編集

  1. ^ 長江、P31 - P33、今谷、P70 - P72。
  2. ^ 長江、P33。

参考文献編集