三層電解法(さんそうでんかいほう、trinal electrolytic process)とは、アルミニウムを高純化する電解法である[1]三層電解精製法とも呼ばれ、1901年にアメリカのフープスによって発明された[2]。原料には純度99.85%のアルミニウムが使われ、アルミニウム1tあたり14,000 - 15,000 kWh電力が必要となる[3]。大量の電気を使うことから最近では電気の消費量の少ない偏析法が主流である。

三層電解法

電解槽編集

黒鉛の炉床に40%、アルミニウム60%の合金を溶融状態で貯留して全体を陽極とし、そのうえにフッ化バリウムをくわえて比重2.7以上に調整した氷晶石飽和量のアルミナを加えたものを満たして電解浴とする。そのうえに溶融高純度アルミニウムと黒鉛陰極を置く。炉温を1000°C前後に保ち5 - 7Vの電流を通すと陽極アルミニウムが、浴を通して選択的に比重2.3の高純度アルミニウムとなって浮上し、陰極に析出する。純度99.98 - 99.998 % の高純度アルミニウムが得られる[1]

現在では住友化学により氷晶石よりも低融点の溶融塩を用いた方法が開発されている[2]。この方法により炉温を750 - 800°Cに抑えることができる[2]

新技術/競合技術編集

イオン液体、溶融塩編集

アルミナを熱で溶かすのではなくより低温のイオン液体、溶融塩に溶かす[4]。莫大な熱量を節約でき5kWh/kgと従来の1/3の電力で精錬することも可能な革新的な精錬技術となりうる[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 高純度アルミニウム製造法”. 日本軽金属. 2012年4月1日閲覧。
  2. ^ a b c 大澤直 『よくわかるアルミニウムの基本と仕組み』秀和システム〈図解入門 : How-nual Visual Guide Book〉、2010年、72頁。ISBN 978-4-7980-2506-3 
  3. ^ アルミ・銅事業 やさしい技術”. 神戸製鋼グループ. 2012年4月1日閲覧。
  4. ^ 上田幹人、津田哲哉「溶融塩/イオン液体からのアルミニウム電析」『表面技術』第71巻第12号、表面技術協会、2020年、 729-733頁、 doi:10.4139/sfj.71.729ISSN 09151869NAID 130008046412
  5. ^ 兒島洋一、津田哲哉、宇井幸一、上田幹人、三宅正男「アルミニウム材新製造プロセス技術開発」『軽金属』第69巻第1号、軽金属学会、2019年、 15-21頁、 doi:10.2464/jilm.69.15ISSN 04515994NAID 130007639762

関連項目編集