メインメニューを開く

三峡区(サンシア/さんきょう-く)は、台湾新北市市轄区

中華民国 新北市 三峡区
別称: 三角湧
Minquan Old Street in Holiday.jpg
地理
Taipei-sankyoutin.svg
位置 北緯24°56"
東経121°21"
面積: 191.4508 km²
各種表記
繁体字: 三峽區
日本語読み: さんきょう、さんこう
漢語: Sānxiá
通用: Sansiá
注音符号: ㄙㄢ ㄒㄧㄚˊ
片仮名転写: サンシャー
台湾語: Sam-kiap
客家語: Sâm-hia̍p
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 新北市
下位行政区画: 28里606鄰
政府所在地: 鳶山里1鄰中山路17号
三峡区長: 陳健民
公式サイト: 三峡区公所
情報
総人口: 112,775 人(2016年1月)
世帯数: 41,190 戸(2016年1月)
郵便番号: 237
市外局番: 02
長福橋から望む三峡河に架かる八安大橋

地理編集

歴史編集

三峡は大漢渓三峡渓横渓の3本の河川が合流する地理条件から古くは三角湧と呼ばれていた。日本統治時代の行政改革の過程で日本語で発音が類似している三峡(さんきょう)と改称し、台北州三峡庄が成立し、これが三峡という地名の由来である。その後人口の増加により三峡街と改称し、戦後三峡鎮と名称が変遷した。2010年12月25日には台北県が新北市に改編されたことに伴い三峡区と改編され現在に至っている。

行政区編集

三峡里、秀川里、八張里、中埔里、永館里、鳶山里、龍埔里、龍学里、龍恩里、弘道里、礁渓里、中正里、介寿里、大埔里、二鬮里、嘉添里、添福里、金圳里、五寮里、挿角里、有木里、渓南里、渓北里、渓東里、成福里、安坑里、竹崙里、安渓里

交通編集

鉄道は走っていないが、永寧駅の916番を中心に台北・新北の各地から頻繁にバスが出ている。鶯歌駅からだと約30~40分で中心地の三峡老街へアクセスが可能である。

教育編集

交通編集

種別 路線名称 その他
国道 国道3号(フォルモサ高速公路) 三鶯IC、鶯歌JCT
省道 台3線
省道 台7線甲
県道 110線

歴代鎮長、区長編集

鎮長編集

名前 出任期 備考
李章榮 1951-1956
林 義 1956-1960 1956年8月26日再選挙の選挙。
林雪美 1960-1964 初の女性鎮長。
王徳火 1964-1973
陳金塗 1973-1977
張秀豊 1977-1986
劉文秀 1986-1994
洪見文 1994-1998
邱 郎 1998-2002
陳佳烜 2002-2006
2006-2008.06.23
2009-2009.06.26
鍾鼎昌(代理) 2008.06.23-2009
柯慶長(代理) 2009.06.26-2010.12.25 末代の鎮長

区長編集

名前 出任期 備考
柯慶長 2010.12.25-2011.09.01
楊美峰 2011.09.01-2013.02.21 初の女性区長
楊志宏 2013.02.21- 現任

観光編集