行政区画

国家が国家機能を執行するために領土を細分化した区画のこと
行政区分から転送)

行政区画(ぎょうせいくかく)とは、国家が円滑な国家機能を執行するために領土を細分化した区画のこと。地方行政区分(ちほうぎょうせいくぶん)などともいう。日本において、行政区画内を施政・統治する機構を地方公共団体という。

行政区画を表した世界地図。

通常、複数の基礎行政区画(日本でいう市町村)が集まり、上級行政区画(日本でいう都道府県)を形成する。また、1つの基礎行政区画が所属する上級行政区画は1つであり、別の上級行政区画と重複することはない。

国土の面積、人口の分布、政体のあり方などにより各国の制度が異なり、それぞれ行政区画の名称、等級、構造、数も異なる。モナコナウルなどの小国のように、行政区画が存在しない国もある。

行政区画の例編集

イギリス
イングランドスコットランドウェールズ北アイルランドから成る連合国家であり、それぞれに異なる行政区画になっている。イングランドは9つのリージョンに、スコットランドは32の単一自治体(カウンシル・エリア)、ウェールズは10カウンティバラ・9カウンティ・3シティに、北アイルランドは11行政区に、それぞれ区分されている。
アメリカ合衆国
50と1の特別区(district)、海外領土から構成されるが、州などの下に独立市市郡が置かれ、郡の下に市、町、村が置かれることが多い。州の下位行政区分は連邦法ではなく州法で規定されるので、制度・呼称などは州によって異なる。詳細は各州の記事を参照。
中華人民共和国
一級行政区画(23の、5つの自治区、4つの直轄市、2つの特別行政区)が最も大きな区画で、その下に地級市自治州アイマクといった地級行政区画が置かれ、地級行政区画の下にはさらに県級市市轄区などの県級行政区画が置かれる。
日本
47の都道府県から構成され、その下に市町村特別区東京都のみ)が置かれる。町、村はいくつか集まってを形成する[1]。また、市のうち政令指定都市には行政区が置かれる。
大韓民国
一級行政区画(1つの特別市、6つの広域市、1つの特別自治市、8つの、1つの特別自治道)が最も大きな区画で、その下に、および特別市・広域市管下の場合になどの行政区画が置かれる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 例外として、東京都島嶼部の各町村は郡に属していない。

関連項目編集