メインメニューを開く
左奥が三島テレビ中継局

三島中継局(みしまちゅうけいきょく)は、静岡県熱海市田方郡函南町にまたがる標高798メートルの玄岳(くろたけ)山頂付近に設置されているテレビラジオ中継局である。

ここでは地上デジタルテレビ放送の三島テレビ中継局のアンテナ鉄塔に熱海方面向けとして併設されている熱海網代デジタルテレビ中継局、熱海市内玄岳へ送信アンテナを設置しているSBS静岡放送ラジオ三島FM補完局 [1]ジャパン・モバイルキャスティングの三島中継局(2016年6月30日で廃止)についても記載する。

目次

所在地編集

三島テレビ中継局編集

デジタルテレビ放送編集

リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 NHK静岡
総合
24 10W 91W 水平偏波 静岡県 約197,800世帯 2006年12月16日[5]
2 NHK静岡
教育
16 93W 全国
4 SDT
静岡第一テレビ
25 79W 静岡県
5 SATV
静岡朝日テレビ
23
6 SBS
静岡放送
21 91W
8 SUT
テレビ静岡
22 78W

放送エリア編集

  • 駿東郡清水町・長泉町の全域並びに沼津市、静岡市清水区、熱海市、三島市、富士市、裾野市、伊豆の国市及び田方郡函南町の各一部[10][11]

歴史編集

アナログテレビ放送(廃止)編集

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日 放送終了日
51[12] NHK静岡
教育
映像100W[13]/
音声25W
映像1.3kW/
音声330W
[要出典]
水平偏波 全国 約-世帯 1963年12月30日[14][15] 2011年7月24日
53[12] NHK静岡
総合
静岡県
55[12] SBS
静岡放送
映像1.15kW/
音声280W
[要出典]
57[12] SATV
静岡朝日テレビ
1978年10月19日[16]
59[12] SUT
テレビ静岡
映像1.4kW/
音声350W
[要出典]
1970年11月1日[17]
61[12] SDT
静岡第一テレビ
映像1.15kW/
音声280W
[要出典]
1979年8月1日[18]
  • 全局2011年7月24日の正午をもって放送終了し、デジタルテレビ放送に完全移行した。

Jモバ三島MMH(廃止)編集

送信設備編集

周波数 放送局名 空中線
電力
実効輻射電力 放送区域 放送区域
内世帯数
運用開始日 放送終了日
214.714286MHz
(VHF11chに相当する周波数)
Jモバ
三島MMH
650W[19] 2.4kW[19] 静岡県、東京都、
神奈川県の各一部
約44万世帯 2013年5月20日 2016年6月30日

所在地編集

放送エリア編集

  • 静岡県駿東郡清水町及び長泉町の全域並びに静岡県静岡市清水区、沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、富士市、御殿場市、裾野市、伊豆の国市、田方郡函南町、駿東郡小山町、東京都大島町、神奈川県横須賀市、平塚市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、足柄下郡真鶴町及び湯河原町の各一部地域[20][21]

歴史編集

熱海網代テレビ中継局編集

送信設備概要編集

リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 NHK静岡
総合
40 300mW 4.1W 水平偏波 静岡県 約2,100世帯 2011年3月8日[5]
2 NHK静岡
教育
13 全国
4 SDT
静岡第一テレビ
42 7.9W 静岡県 約2,300世帯 2011年8月29日[5]
5 SATV
静岡朝日テレビ
44
6 SBS
静岡放送
39 4.8W
8 SUT
テレビ静岡
48 7.9W

放送エリア編集

歴史編集

補足編集

  • 三島テレビ中継局の鉄塔に熱海方向の送信アンテナを追加設置した。

FM補完中継局編集

送信設備編集

放送局名 周波数
(MHz)
空中線
電力
実効輻射電力 放送対象地域 放送区域内
世帯数
運用開始日
SBS
静岡放送
90.1 100W[32][33] 180W[33] 静岡県 - 2017年12月1日[34][35]

放送エリア編集

  • 熱海、三島、沼津、裾野、伊豆の国、富士の6市と函南、清水、長泉の3町[32]

歴史編集

  • 2017年
    • 8月29日 - 予備免許交付[32]
    • 11月6日 - 試験電波発射開始[36]
    • 12月1日 - 本放送開始 [2]

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 無線局免許状情報(NHK総合)(総務省電波利用ホームページ)
  2. ^ 無線局免許状情報(NHK教育)(総務省電波利用ホームページ)
  3. ^ 無線局免許状情報(SBS)(総務省電波利用ホームページ)
  4. ^ a b 2万5千分の1地形図「熱海」(国土地理院)
  5. ^ a b c d e f g 東海地区の開局状況(静岡県)(総務省東海総合通信局)
  6. ^ 無線局免許状情報(SUT)(総務省電波利用ホームページ)
  7. ^ 無線局免許状情報(SATV)(総務省電波利用ホームページ)
  8. ^ 無線局免許状情報(SDT)(総務省電波利用ホームページ)
  9. ^ 静岡県東部でワイドFM開局へ 静岡放送に予備免許(2017/8/30 08:05)(アットエス静岡新聞NEWS)
  10. ^ a b 地上デジタルテレビジョン放送局(三島中継局)の予備免許(報道資料2006年11月22日)(総務省東海総合通信局)
  11. ^ a b 地上デジタルテレビジョン放送局(三島中継局)の免許(報道資料2006年12月15日)(総務省東海総合通信局)
  12. ^ a b c d e f NHK静岡放送局受信チャンネル(2002年8月10日現在のアーカイブ)オリジナルURL
  13. ^ 放送用周波数使用計画(総務省 2009年7月22日現在のアーカイブ)
  14. ^ 日本放送協会 編 『NHK年鑑'64』 日本放送出版協会、1964年、221頁。 
  15. ^ 静岡放送50年史編纂委員会/編 『静岡放送50年史』 静岡放送、2002年、256頁。 
  16. ^ 二十年史編集事務局 編 『明日へ翔ぶ : 静岡朝日テレビ二十年史』 静岡朝日テレビ、1998年、328頁。 
  17. ^ テレビ静岡社史編纂委員会/編 『テレビ静岡二十年の歩み』 テレビ静岡、1988年、300頁。 
  18. ^ 静岡第一テレビ社史編纂室 編纂 『静岡第一テレビ十年史』 静岡第一テレビ、1991年、279頁。 
  19. ^ a b c 無線局免許状情報(Jモバ)(総務省電波利用ホームページ2015年8月22日現在)2015年9月24日現在のアーカイブ(オリジナルURL
  20. ^ a b 三島市で携帯端末向けマルチメディア放送局を予備免許(報道資料2013年2月14日)(総務省東海総合通信局)
  21. ^ a b 三島市で携帯端末向けマルチメディア放送局を免許(報道資料2013年5月15日)(総務省東海総合通信局)
  22. ^ 三島送信所の無線局予備免許を取得(お知らせ 2013年2月14日)(ジャパン・モバイルキャスティング)
  23. ^ 三島送信所の試験電波発射(お知らせ 2013年3月14日)(ジャパン・モバイルキャスティング)
  24. ^ モバキャスサービス三島局の開局(お知らせ 2013年5月16日)(ジャパン・モバイルキャスティング)
  25. ^ a b 地上デジタルテレビジョン放送局「熱海網代中継局」の予備免許(日本放送協会)(報道資料2011年2月3日)(総務省東海総合通信局)
  26. ^ a b 地上デジタルテレビジョン放送局「熱海網代中継局」の免許(報道資料2011年3月3日)(総務省東海総合通信局)
  27. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局「熱海網代中継局」の予備免許(報道資料2011年7月14日)(総務省東海総合通信局)
  28. ^ a b 地上デジタルテレビジョン放送局 湖西中継局の予備免許及び熱海網代中継局の免許(報道資料2011年8月23日)(総務省東海総合通信局)
  29. ^ 地上デジタルテレビジョン中継放送局の開局について(日本放送協会第1142回経営委員会(2011年4月26日開催)資料)(日本放送協会)
  30. ^ 熱海網代デジタル中継局 試験放送開始(テレしず技術担当者ブログ2011年7月19日)(テレビ静岡)
  31. ^ 熱海網代デジタル中継局 試験電波まもなくです(テレしず技術担当者ブログ2011年7月14日)(テレビ静岡)
  32. ^ a b c AMラジオのFM補完中継局に予備免許(報道資料2017年8月29日) (総務省東海総合通信局)
  33. ^ a b 無線局免許状情報(静岡放送ラジオ)(総務省電波利用ホームページ)
  34. ^ SBS開局65周年特別番組|つづきはラジオで ページ最下部 開局予定日告知 
  35. ^ 静岡県西・東部でもワイドFM SBSラジオ、AM難聴を解消(静岡新聞2017年11月30日 2017年12月1日閲覧)
  36. ^ SBSワイドFM試験電波発射のお知らせ