メインメニューを開く

三島 淑臣(みしま よしおみ、1932年10月24日-2015年1月1日[1])は、日本の法哲学者。九州大学名誉教授・熊本県立大学名誉教授。

目次

経歴編集

愛媛県出身。1956年京都大学法学部卒、同大学院基礎法学博士課程満期退学。1963年九州大学法学部助教授、76年教授、96年定年退官、名誉教授、熊本県立大学教授[2]。2003年退職、名誉教授。

著書編集

  • 『現代法律学講座 3 法思想史』青林書院新社 1980
  • 『理性法思想の成立 カント法哲学とその周辺』成文堂 基礎法学叢書 1998

共編著編集

翻訳編集

記念論文集編集

  • 『法思想の伝統と現在 三島淑臣教授退官記念論集』九州大学出版会 1998
  • 『自由と正義の法理念 三島淑臣教授古稀祝賀』ホセ・ヨンパルト,竹下賢,酒匂一郎,田中成明,笹倉秀夫,永尾孝雄編 成文堂 2003

論文編集

編集

  1. ^ 訃報:三島淑臣氏
  2. ^ 『現代日本人名録』