メインメニューを開く

三条制札事件(さんじょうせいさつじけん)は、江戸時代幕末1866年10月20日慶応2年9月12日)に、土佐藩士8人が三条大橋西詰北の制札を引き抜こうとしたところ、京都治安維持を行っていた新選組がこれを襲撃・捕縛した事件である。

制札編集

元治元年7月19日に起きた禁門の変以降、三条大橋西詰の高札場に長州藩朝敵とする内容の制札が掲げられた。しかしどんどん焼けで焼け出された市民たちからは長州藩へ同情する世論が根強かった。

一、此度長州人恐多くも自ら兵端を開き、犯禁闕、不容易騒動相成候間、立去候者共安堵帰住可致候。
  将又妄に焼払候様、浮説を唱候者も有之哉に候得共、右様之儀には決して無之候間、銘々職業を励み、立騒ぎ申間敷事。
一、元来長州人名を勤王に托し、種々手段を設け人身を迷し候故、信用致候者も有之候得共、禁闕に発砲し逆罪明にて追討被仰付候。
  若信用致候者も前非を悔改心候者は御免可成候間、可申出候。且潜伏落人など見当り候者、
  早速に申出候はば御褒美可下候。若隠他より顕はれ候はば、朝敵同罪たるべき事。

事件の背景編集

1865年(慶応元年)に実施された第二次長州征伐の失敗以降、江戸幕府の権威は失墜し、1866年(慶応2年)になると京都では幕府の立てた制札が引き抜かれるという事件が頻発し始めた。特に、鴨川にかかる三条大橋の西詰北に立てられた制札が3度に渡って引き抜かれ鴨川に捨てられたことから新選組に制札の警備が命じられ、新選組は三条大橋を中心とした3拠点に隊士を配置し、いつでも包囲体制をとれるように準備を整えていた。

当日の経過編集

事件当日、1866年10月20日(慶応2年9月12日)は、三条会所原田左之助ら12人が、町屋大石鍬次郎ら10人が、そして酒屋新井忠雄ら12名が配置された上に、さらに斥候として浅野薫ら2人が配置されて犯人の出現を待ち構えていた。

新選組が警備に当たっていたところ藤崎吉五郎宮川助五郎を中心とした土佐藩士8人が三条大橋西詰に出現、制札を引き抜く動きを見せた。土佐藩士出現の報を受け、原田隊が現場に急行。逃走を開始した土佐藩士たちに、遅れて駆けつけた新井隊が追い討ちをかける形となり、新選組は有利に戦いを進めた。ところが、斥候の浅野薫が乱戦を怖れたため、大石隊への連絡が遅れて当初予定していた包囲体制が完成せず、土佐藩士たちは退路を確保することができた。また、土佐藩士の殿を勤めた安藤鎌次の奮戦もあり、結局、新選組は8人の土佐藩士のうち5人を逃してしまうことになった。

事件の影響編集

この事件の後、浅野薫はその臆病な振る舞いを咎められて新選組を追放された。 参戦した隊士達には、原田左之助の20を筆頭に、会津藩から恩賞が与えられた。 当時、土佐藩士の間では長いを差すことが流行になっていたが、この事件をきっかけに、長い刀は使いにくいとの認識が土佐藩士の間に広まって流行が終焉した。