画像提供依頼:三田村泰助の画像提供をお願いします。2011年3月

三田村 泰助(みたむら たいすけ、1909年明治42年)10月9日 - 1989年平成元年)9月23日)は、日本の歴史家(東洋史・中国史)。

三田村 泰助
人物情報
生誕 (1909-10-09) 1909年10月9日
日本の旗 日本福井県
死没 1989年9月23日(1989-09-23)(79歳)
出身校 京都帝国大学
学問
研究分野 歴史学(東洋史)
研究機関 立命館大学
テンプレートを表示

経歴編集

1909年、福井県南条郡武生町(現越前市)生まれ。山口高校から京都帝国大学東洋史学科に進んだ。東洋史学科では、内藤湖南羽田亨に師事した。卒業後は、1949年から80年まで立命館大学教授。定年退職後に名誉教授。1989年9月に死去[1]

受賞・栄典編集

研究内容・業績編集

  • 専攻は史。
  • 羽田亨と共に『満和辞典』の編纂に携わるなど、満洲史の権威として知られる。

著作編集

著書編集

記念論集編集

  • 『東洋史論叢:三田村博士古稀記念』 立命館大学人文学会, 1980

脚注編集

  1. ^ 「明帝国と倭寇」中公文庫版著者紹介より