メインメニューを開く

内藤 湖南(ないとう こなん、1866年8月27日慶応2年7月18日[1] - 1934年昭和9年)6月26日)は日本東洋史学者。名は虎次郎。字は炳卿(へいけい)。湖南は。別号に黒頭尊者。白鳥庫吉と共に戦前を代表する東洋学者であり、戦前の邪馬台国論争、中国における唐宋変革時代区分論争などで学界を二分した。

内藤虎次郎
人物情報
別名 内藤湖南
生誕 (1866-08-27) 1866年8月27日
日本の旗 日本秋田県鹿角市
死没 (1934-06-26) 1934年6月26日(67歳没)
日本の旗 日本京都府加茂町
国籍 日本の旗 日本
出身校 秋田師範学校
両親 内藤調一・容子
学問
時代 明治大正時代
学派 京都学派(東洋史学)
研究分野 東洋史学
研究機関 京都帝国大学
博士課程
指導教員
狩野亨吉
主な指導学生 宮崎市定三田村泰助
学位 文学博士(京都帝国大学)
特筆すべき概念 邪馬台国畿内説
唐宋変革論
主な業績 京大東洋史講座の礎
主要な作品 『支那上古史』
『清朝史通論』
テンプレートを表示

生涯編集

上京まで編集

1866年 (慶応年間)陸奥国毛馬内村(けまないむら、現:秋田県鹿角市)にて、南部藩内藤調一1832年 - 1908年。号は十湾)と容子の次男として生まれる。父・十湾は折衷学派に属していた。

6歳で『大学』をわずか4ヶ月で習得し、7歳で『二十四考』『中庸』と四書を習得し、13歳時で『日本外史』を通読し、詩作を始める。友人や世間の評判も「学問が出来ても決して威張らず、喧嘩など一度もしたことがない。感心な子どもだ」というものであった。秋田師範学校に入学後も、一人キリスト教会に通い、アメリカ人のガルスト・スミスについて『万国史』などを勉強した。

1884年(明治17年) 秋田師範学校を4年かかる課程を2年半で卒業して、綴子(つづれこ)小学校の主席訓導(実質的には校長)となる。

ジャーナリスト編集

1887年(明治20年)に上京し、仏教雑誌「明教新誌」の記者(主管は大内青巒)となる。その後「三河新聞」や雑誌「日本人」、「大阪朝日新聞」、「台湾日報」、「万朝報」などの編集で名を馳せた。日露戦争に於いては開戦論を展開した。

京都帝国大学編集

1907年(明治40年)に京都帝国大学文科大学史学科(同年、学生募集開始)東洋史学講座講師、1909年(明治42年) に京都帝大教授。講師となって以後、東洋史担当講座に足掛け20年務め、同僚の狩野直喜桑原隲蔵とともに「京都支那学」を形成、京大の学宝とまで呼ばれた。

1910年(明治43年)、教授在任期間が1年となったため、狩野亨吉総長の推薦により文学博士(京都帝国大学)[2]。主著の一つである『清朝史通論』は、この博士号が慣習によるものであったため、自身が博士論文に相当する論考を書かねばならないと決意し執筆したもの。同論文自体は博士学位論文ではない。

東京帝国大学白鳥庫吉とは「東の白鳥庫吉、西の内藤湖南」「実証学派の内藤湖南、文献学派の白鳥庫吉」と並び称された。特に邪馬台国の所在地をめぐる論争では畿内説を主張し、九州説を唱えた白鳥と激しい論争が展開された。

晩年編集

1926年(大正15年)に大学の60歳定年制に基づき、京都帝大を退官、また帝国学士院会員に選出される。退官後は京都府瓶原村(現木津川市)に隠棲し、読書著述の日々を過ごした。

1934年(昭和9年)6月26日 死去。墓所は京都東山法然院

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等

学説編集

邪馬台国畿内説編集

唐宋変革論編集

史論の代表的なものに、独特の文化史観に基づき、中国史の時代区分をの間を持って大きく時代を分けるというものが唐宋変革論である。内藤は時代を上古と規定し、後漢から西晋の間を第一次の過渡期とし、五胡十六国時代から唐の中期までを中世とする。そして唐の後期から五代十国時代を第二の過渡期とし、この時代をもって大きく社会が変容したとする。

この説は内藤の死後、宮崎市定ら次世代の京都学派が発展させ、宋以後中世説を唱える歴研派との時代区分論争が展開された。

応仁の乱の日本史における意義編集

1921年(大正10年)の講演「応仁の乱に就て」では「一体他流試合と申すもので、一寸も私の専門に関係のないことであります」といういささか挑発的な前置きをしつつも、「大体今日の日本を知る為に日本の歴史を研究するには、古代の歴史を研究する必要は殆どありませぬ、応仁の乱以後の歴史を知って居ったらそれで沢山です。それ以前の事は外国の歴史と同じ位にしか感ぜられませぬが、応仁の乱以後は我々の真の身体骨肉に直接触れた歴史であつて、これを本当に知って居れば、それで日本歴史は十分だと言つていいのであります」と発言している[5]。この発言は多く日本中世史を論じるときに引用されている[6][7]

エピソード編集

  • 戦国武将・内藤昌豊の子孫であるという家系伝承を持ち、湖南は父・十湾の命で長篠古戦場跡の昌豊の墓を訪ねたことがあるという(三田村泰助『内藤湖南』による)。
  • 湖南を京都帝国大学教授にするという決断を下したのは当時の学長・狩野亨吉であるが、文部省からそれに対し難色が示された。(秋田県)伝習学校卒業という彼の学歴が問題になったのである。このとき、「お釈迦様でも孔子でも学歴(帝大卒)のない人間は(帝大教授として)認めない」とさえ文部省側は言ったといわれているが、狩野が遂に「内藤をとらぬならおれもやめる」と押し通してしまったという(この辺りの双方のやり取りは諸説あるところで発言内容には異同がある)。
  • 講義するときの声が極めて美しく、「金声玉振」とはこのことかと弟子の貝塚茂樹が回想している。
  • 本名の「虎次郎」は、父の十湾が吉田松陰に心酔していたため、吉田松陰の通称である「寅次郎」から取って命名した。父の十湾は実際に吉田松陰に会っている。また、父の「十湾」と子の「湖南」は十和田湖からの銘々である。
  • 1884年に主席訓導を勤めた綴子小学校は父・十湾ら南部藩の兵士が18年前の戊辰戦争秋田戦争で戦闘を行い、民家を焼き討ちにして撤退していった綴子村(現・秋田県北秋田市)の中にある。戊辰戦争と受けた被害のことは生々しく民衆の間に残っていた。しかし、湖南は課外に英語を教え、教科書にもない理科の実験などを行うなど新教育を施して村民の信頼を受けたと言われている。湖南を抜擢した狩野は、この秋田戦争で父が勤めていた落城寸前の大館城から離れ、姉に背負われ命からがら弘前藩に逃げ落ちている。
  • 綴子小学校は、秋田で最も古い塾である内館塾の後継の小学校である。内館塾には般若院英泉宮野尹賢らの残した古文書が多数残されていた。内藤湖南はこれらの古文書を研究したと言われている。また、食費以外は俸給の全部を新刊の図書や雑誌の購入にあて新知識を吸収した。
  • 記憶力がよく、友人知人の蔵書にも精通しており、必要があると電話をその友人にかけて「あなたのどの本棚の何段目のこれこれという本の何ページあたりに、こういうことが書かれていたかと思うが少し調べておいてほしい」という具合に頼むことがしばしばあったという[8]

全集編集

  1. 近世文學史論、諸葛武侯、淚珠唾珠、雜纂
  2. 燕山楚水、續淚珠唾珠ほか
  3. 「大阪朝日新聞」所載論説-1900年8月から1906年4月まで
  4. 續「大阪朝日新聞」所載論説 雜文、時事論-明治期から晩年まで
  5. 續 時事論、清朝衰亡論、支那論、新支那論
  6. 雜纂、序文、旅行記、韓國東北疆界攷略、滿洲寫眞帖
  7. 研幾小錄、一名支那學叢考、讀史叢錄
  8. 東洋文化史研究、清朝史通論
  9. 日本文化史研究、先哲の學問
  10. 支那上古史、支那中古の文化、支那近世史
  11. 支那史學史
  12. 目睹書譚、支那目錄學ほか
  13. 支那繪畫史[9]、繪畫史雜纂
  14. 湖南文存、湖南詩存、和歌、書簡、索引ほか

著作(近年刊)編集

関連文献編集

近年の論考・回想編集

  • 杉村邦彦『書苑彷徨 第三集』二玄社、1993年 - 「書簡を通して見た湖南先生の人と学芸」
  • 礪波護『敦煌から奈良・京都へ』法藏館、2016年 - 「第4部 先学の顕彰 内藤湖南の学風 ほか」
  • 岡本隆司『近代日本の中国観』講談社選書メチエ、2018年 - 「第3章 内藤湖南-「近世」論と中国社会」
  • 東方学回想 I 先学を語る〈1〉』 刀水書房 2000年。座談会形式での門下生達の回想を収録
  • 三田村泰助 『内藤湖南』 中公新書 1972年。弟子による回想も含んだ伝記

資料編集

  • 『ビデオ 学問と情熱6 内藤湖南』 奥村郁三監修、紀伊國屋書店 1998年(DVDで廉価再版、2011年)
  • 蔵書は関西大学図書館に所蔵され、1986-96年に蔵書目録「内藤文庫 漢籍古刊古鈔目録」および「内藤文庫リスト」(全5冊)が発行された。
    • 『内藤湖南と清人書画』陶徳民編、「東西学術研究所資料集刊」関西大学出版部、2009年
    • 大阪市立大学にも、旧蔵書5,892冊の(「内藤文庫」)が在る)
  • 朱琳「中国史像と政治構想 内藤湖南の場合(一)~(五)」、『国家学会雑誌』123巻9・10号~124巻5・6号(五回連載)、国家学会、2010年10月~2011年6月。
  • 『内藤湖南敦煌遺書調査記録 影印』(正・続)、玄幸子・高田時雄編、「東西学術研究所資料集刊」関西大学出版部、2015-2017年

脚注編集

  1. ^ 戸籍上は慶応2年5月27日1866年7月9日
  2. ^ 『官報』第8196号、明治43年10月14日、p.397
  3. ^ 『官報』第3443号「叙任及辞令」1924年2月18日。
  4. ^ 『官報』第3449号「叙任及辞令」1924年2月25日。
  5. ^ 内藤湖南「応仁の乱に就て」『内藤湖南全集』第9巻、1969年。
  6. ^ 勝俣鎮夫『戦国法成立史論』東京大学出版会、1979年。網野善彦『日本中世の非農業民と天皇』岩波書店、1984年。 井上章一『日本に古代はあったのか』角川学芸出版角川選書 426〉、2008年。ISBN 978-4047034266 呉座勇一『応仁の乱―戦国時代を生んだ大乱』中央公論新社中公新書 2401〉、2016年10月19日。ISBN 978-4121024015
  7. ^ 呉座勇一 (2017年9月26日). 内藤湖南、応仁の乱を論じる. http://ibs-web.nichibun.ac.jp/lapis/detail.do?id=266 国際日本文化研究センターインターネット放送
  8. ^ 三浦一郎『世界史こぼれ話1』p.147
  9. ^ 「支那絵画史」は、弘文堂(初版の復刻判)と、筑摩書房(改訂単行判)で小部数刊。なお短期で品切したが、ちくま学芸文庫でも刊。
  10. ^ 『先哲の学問』旧版は筑摩叢書(解説水田紀久、1987年)
  11. ^ 日本の名著41 内藤湖南』(小川環樹責任編集、中央公論社、1971年、新版・中公バックス、1984年)を改訂
  12. ^ 2013年10月に創刊、最初の発行書目

関連項目編集

外部リンク編集