メインメニューを開く

三笑亭 可龍(さんしょうてい かりゅう)は、落語家(噺家)の名跡。当代は3代目だが過去に何人いたか不明。

古くは文化時代に初代林屋正蔵が可龍(可竜)を名乗っている。


三笑亭 可龍さんしょうてい かりゅう
本名 黒沢 民人
生年月日 (1978-08-15) 1978年8月15日(40歳)
出身地 日本の旗 日本東京都府中市
師匠 9代目三笑亭可楽
名跡 1. 三笑亭可壽男(1996年 - 2001年)
2. 3代目三笑亭可龍(2001年 - )
出囃子 吉原雀
活動期間 1996年 -
活動内容 古典落語
所属 落語芸術協会

三笑亭 可龍(さんしょうてい かりゅう)は社団法人落語芸術協会所属の落語家出囃子は吉原雀。

人物編集

小学生時代に落語に興味を持ち、東野高等学校在学中に9代目三笑亭可楽の門を叩き、1996年12月に正式に入門。1997年4月、可壽男で前座。2001年4月、二ツ目昇進で3代目三笑亭可龍となる。

自他共に認める熱狂的な埼玉西武ライオンズファン。

2010年5月に真打ち昇進披露興行。

得意演目編集

外部リンク編集