メインメニューを開く

三谷 一馬(みたに かずま、1912年明治45年)3月16日 - 2005年平成17年)6月15日)は日本画家、江戸風俗研究家。

来歴・人物編集

香川県高松市に生まれる。 実家は古くから歌舞伎芝居などの背景画や小道具、看板等を描く仕事をしていた。 東京美術学校日本画科卒業。挿絵の分野で活躍ののち、江戸風俗資料画を描くことに専念する。 日本文芸家協会会員。1988年、失われていく江戸風俗を「江戸職人図聚」はじめ数著にまとめ、江戸風俗の”絵引き”として貴重な資料を提供した功績により吉川英治文化賞を受賞した。

著作編集

  • 江戸商売図絵
  • 彩色江戸物売図絵
  • 江戸吉原図絵
  • 江戸庶民風俗図絵
  • 明治物売図聚