三谷 研爾(みたに けんじ、1961年 - )は、日本のドイツ文学者大阪大学教授。専門はドイツオーストリア文学中欧文化論。

京都生まれ。1984年大阪大学文学部独文科卒、87年同大学院文学研究科博士後期課程中退、大阪府立大学助手、90年講師、2000年阪大文学研究科助教授、2007年准教授、2008年教授。2008年「世紀転換期のプラハ モダン都市の空間とその文学的表象」で阪大博士(文学)

著書編集

  • 『世紀転換期のプラハ モダン都市の空間と文学的表象』三元社、2010
  • 『境界としてのテクスト カフカ・物語・言説』鳥影社、2014 

共編編集

翻訳編集

参考編集