三輪田 元綱(みわだ もとつな、文政11年6月21日1828年8月1日) - 明治12年(1879年1月14日)は幕末・明治維新期の勤王家。通称は綱一郎。兄は三輪田米山、妻は三輪田学園創設者の三輪田真佐子

人物編集

伊予国久米郡久米村(現・愛媛県松山市)に日尾八幡神社の祠官の三男として生まれる。大洲出身の国学者常磐井厳戈や矢野玄道らと交わり、上洛して大国隆正に学び、平田派国学を修め、勤王の志士として活動した。文久3年(1863年)足利三代木像梟首事件に関わり、但馬国豊岡に幽閉された。慶応3年(1867年)放免と同時に新政府に登用され、維新後は神祇権少祐から外務権大丞を歴任した。明治12年(1879年)に郷里で52歳で没した。大正5年(1916年)贈従五位[1]。著書に『長暦陰陽』がある。

脚注編集

  1. ^ 贈位諸賢伝 二』(国友社、1927年)p.539

参考文献編集

  • ブリタニカ国際大百科事典』 ブリタニカ・ジャパン 1993年
  • 『朝日日本歴史人物事典』 朝日新聞社 1994年
  • 『日本人名大辞典』 講談社 2001年
  • 『美術人名辞典』 思文閣 2016年