メインメニューを開く

三遊亭 圓雀(さんゆうてい えんじゃく)は、落語名跡。なお、5代目以前にも同名を名乗った落語家は7人ほど確認されている。


五代目 三遊亭 圓雀さんゆうてい えんじゃく
本名 柳本 修(やなぎもと おさむ)
生年月日 1949年3月22日
没年月日 (2016-01-04) 2016年1月4日(66歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
師匠 四代目 三遊亭圓馬
名跡 1. 三遊亭はる馬(1968年 - 1971年)
2. 三遊亭春馬(1971年 - 1983年)
3. 三遊亭圓雀(1983年 - 2016年)
出囃子 喜撰中程
活動期間 1968年 - 2016年
活動内容 落語家
配偶者
所属 落語芸術協会

5代目三遊亭 圓雀1949年3月22日 - 2016年1月4日)は落語芸術協会所属の落語家。本名は柳本 修(やなぎもと おさむ)。出囃子は「喜撰中程」。

目次

来歴・人物編集

東京都世田谷区出身。都立烏山工業高校(※現在は東京都立世田谷泉高等学校)卒業。古典落語を専門とし、得意ネタは、唐茄子屋政談、紙入れ、妄馬、錦の袈裟など[1]

落語芸術協会のデキシーバンドにゅうおいらんずではクラリネットを担当した。メンバーの中で数少ない演奏経験者でもある為、結成してから初めて演奏をはじめたメンバーと同じパートを担当したり、サポート演奏をする事もあった。また、曲によってはボーカルも兼ねた[2]。趣味は、ワイン[1]長唄初代杵屋三左衛門は叔父にあたる。

2016年1月4日に脳梗塞のため鹿児島の病院で死去[2][3]。葬儀・告別式は近親者のみで執り行い、後日報道によりその死が公表された。同じく密葬を執り行った上方落語の「四天王」の一人の3代目桂春団治の死去と発表が前後している。

芸歴編集

  • 1968年2月 - 4代目三遊亭圓馬に入門。「はる馬」で初高座
  • 1971年10月 - 二ツ目昇進と同時に“はる”を漢字に変え、三遊亭春馬。
  • 1983年4月 - 真打昇進し、5代目圓雀を襲名。
  • 2016年1月4日 - 脳梗塞のため死去。66歳没[2][3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三遊亭圓雀(落語芸術協会)”. 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c “落語家の三遊亭円雀氏が死去”. 産経新聞. (2016年1月16日). http://www.sankei.com/entertainments/news/160116/ent1601160008-n1.html 2016年1月16日閲覧。 
  3. ^ a b 【訃報】 三遊亭円雀”. 落語芸術協会 (2016年1月15日). 2016年2月24日閲覧。

出典編集

外部リンク編集