メインメニューを開く

吉原 朝馬(よしはら ちょうば)は、落語名跡。当代は4代目とされる。

古くからある名跡だが、3代目と4代目以外の詳細は分かっておらず、初代と2代目の実在も定かではない。一説には5代目古今亭志ん生が名乗った名前のひとつだと言われる。

先代(3代目)編集

3代目 吉原よしわら 朝馬ちょうば
本名 西澤 貞一
生年月日 1930年11月20日
没年月日 (1978-04-18) 1978年4月18日(47歳没)
出身地   日本
師匠 5代目古今亭志ん生
名跡 1. 古今亭金助(1956年 - 1959年)
2. 金原亭朝馬(1959年 - 1965年)
3. 3代目吉原朝馬(1965年 - 1978年)
出囃子 ちょんきな
活動期間 1956年 - 1978年
所属 落語協会

吉原 朝馬(よしはら ちょうば、本名:西澤(西沢) 貞一1930年11月20日 - 1978年4月18日)は、落語家出囃子は『ちょんきな』。生前は落語協会所属。

真っ直ぐな人で師匠相手の将棋でもヨイショ負けしなかったという。瓢々とした語り口であった。

よくやっていたネタは『寄合酒』『子ほめ』『替り目』など。

当代(4代目)編集

4代目 吉原よしわら 朝馬ちょうば
本名 佐藤 武
生年月日 (1949-05-18) 1949年5月18日(70歳)
出身地   日本千葉県多古町
師匠 10代目金原亭馬生
名跡 1. 金原亭駒八(1969年 - 1982年)
2. 4代目吉原朝馬(1982年 - )
出囃子 吉原雀
活動期間 1969年 -
所属 落語協会
公式サイト 吉原朝馬でござる

4代目吉原 朝馬(よしはら ちょうば、本名:佐藤 武1949年5月18日 - )は、千葉県多古町出身の落語家出囃子は『吉原雀』。落語協会所属。千葉県立佐原高等学校卒業[1]

明治期の女道楽立花家橘之助を題材にした山田五十鈴の『たぬき』にも俳優で出演。劇団「朝馬座」も主宰。

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.563

出典編集

  • 古今東西噺家紳士録