三遊亭 歌雀(さんゆうてい かじゃく)は落語家名跡。2008年に他界した当代は3代目として名乗っていたが、初代の詳細は不明。


3代目 三遊亭 歌雀さんだいめ さんゆうてい かじゃく
3代目 三遊亭 歌雀
三遊亭歌雀定紋「かたばみ」
本名 三浦 孝(みうら たかし)
生年月日 1963年9月4日
没年月日 (2008-02-06) 2008年2月6日(44歳没)
出身地 日本の旗 日本静岡県
死没地 日本の旗 日本神奈川県横浜市旭区
師匠 3代目三遊亭圓歌
名跡 1. 三遊亭歌ち栗(1983年 - 1988年)
2. 三遊亭歌太郎(1988年 - 1998年)
3. 3代目三遊亭歌雀(1998年 - 2008年)
出囃子 二上りたぬき
活動期間 1983年 - 2008年
所属 落語協会

3代目 三遊亭 歌雀1963年9月4日 - 2008年2月6日)は、静岡県清水市出身の落語家。本名は三浦 孝(みうら たかし)。出囃子は「二上りたぬき」。生前は落語協会所属。糖尿病のため1999年に右足、2005年には左足を切断しながらも、義足で高座に上がり続けた。入院時の闘病ネタを得意としていた。

経歴編集

  • 1982年
    • 4月∶3代目三遊亭圓歌に入門。
    • 12月∶前座となる。前座名は「歌ち栗(かちぐり)」。
  • 1988年9月∶二ツ目に昇進。「三遊亭歌太郎」に改名。
  • 1998年3月∶真打に昇進。3代目三遊亭歌雀を襲名。
  • 2008年2月6日∶急性心不全のため横浜市旭区の病院で死去。44歳没。