メインメニューを開く

三重県立飯南高等学校(みえけんりつ いいなんこうとうがっこう)は、三重県松阪市飯南町粥見に所在する公立高等学校1999年(平成11年)に、全国初の連携型中高一貫教育を導入し、旧飯南郡内の飯高西、飯高東、飯南の3中学校との一貫教育を実施している。

三重県立飯南高等学校
過去の名称 三重県松阪北高等学校粥見分校
三重県粥見高等学校
三重県立粥見高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 三重県の旗 三重県
設立年月日 1948年8月30日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 連携型
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
高校コード 24129G
所在地 515-1411
三重県松阪市飯南町粥見5480-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
三重県立飯南高等学校の位置(三重県内)
三重県立飯南高等学校

設置学科編集

  • 総合学科
    • 郷土環境系列
    • 介護福祉系列
    • 総合進学系列
    • コンピュータ系列

沿革編集

教育の特色編集

2012年度より、3年生が自身の卒業証書を三重県指定伝統工芸品である深野和紙で作るという体験活動を行っている[2]

学校行事編集

  • キャンパスインターンシップ(5月)
  • クリーンキャンペーン(6月)
  • 体育祭(6月)
  • クラスマッチ(7月)
  • 中高一貫教育生徒交流会(8月)
  • 文化祭(10月)
  • インターンシップ(11月)
  • カルタ会(1月)

生徒会活動・部活動など編集

部活動編集

著名な出身者編集

脚注編集

  1. ^ 「犬7匹侵入、生徒かまれる 松阪の高校 5人けが」日本経済新聞2009年12月18日付朝刊、名古屋版社会面21ページ
  2. ^ 竹田弘毅「深野和紙で卒業証書 飯南高3年が自ら手作り」中日新聞2014年12月29日付朝刊、広域三重志摩牟婁10ページ

関連項目編集

外部リンク編集