メインメニューを開く

上口 裕(かみぐち ゆたか、1946年(昭和21年) - )は、日本の法学者南山大学教授。専門は刑事訴訟法

目次

人物編集

長期の研究課題は刑事証拠法で、伝聞法則を中心に証拠法の基礎の検討を続ける一方、短期研究として、訴因をめぐる諸問題の検討も行う[1]司法試験受験を志す法科大学院生向けに出版した『刑事訴訟法』(成文堂、初版2009年、第2版2011年、第3版2012年)では、難解な問題領域(訴因、公訴事実の同一性、伝聞、裁判の効力など)について基礎から詳述する[2]など、わかりやすく説く姿勢を示す。

略歴編集

[3][4]

著作編集

[6][7]

単著編集

  • 『刑事司法における取材・報道の自由』(成文堂、1989年)
  • 『刑事訴訟法』(成文堂,初版2009年、第2版2011年、第3版2012年、第4版2015年)

共著編集

  • (後藤昭・安冨潔・渡辺修)『刑事訴訟法』(有斐閣、初版1991年、第2版1996年、第3版2002年、第4版2006年、第5版2013年)
  • 高田卓爾鈴木茂嗣編)『新・判例コンメンタール 刑事訴訟法第4巻』(三省堂、1995年)
  • 後藤昭安冨潔渡辺顗修)『基礎演習刑事訴訟法』(有斐閣、1996年)

翻訳編集

  • 『近世ドイツの刑事訴訟』(原著:ヨハネ・ブルンマン『糺問訴訟法論』"Tractatus juridicus de inquisitionis processu"(1648年))(成文堂、2012年)

指導教官編集

一橋大学大学院時代から、福田平の指導を受ける[8]。2012年に出版した『近世ドイツの刑事訴訟』は、福田に奉げられている[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ https://porta.nanzan-u.ac.jp/research/view?l=ja&u=13714
  2. ^ 『刑事訴訟法〔初版〕』はしがき(成文堂、2007年)
  3. ^ 『刑事訴訟法〔第3版〕』奥付(成文堂、2012年)
  4. ^ https://porta.nanzan-u.ac.jp/research/view?l=ja&u=13714
  5. ^ 「昭和46年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究
  6. ^ 『刑事訴訟法〔第3版〕』奥付(成文堂、2012年)
  7. ^ https://porta.nanzan-u.ac.jp/research/view?l=ja&u=13714
  8. ^ 『刑事司法における取材・報道の自由』(成文堂、1989年)はしがき
  9. ^ 『近世ドイツの刑事訴訟』(成文堂、2012年)献辞

外部リンク編集