メインメニューを開く

上毛野 形名(かみつけの の かたな)は、飛鳥時代の武人。。上毛野池邉の子とする系図がある[1]冠位大仁

 
上毛野形名
Kyodō risshi no motoi, Kamitsukeno no Katana.jpg
「教導立志基」より『上毛野形名』
小林清親
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
官位 大仁
主君 舒明天皇
氏族 上毛野
父母 父:上毛野池邉
稚子、家麻呂
テンプレートを表示

目次

経歴編集

舒明天皇9年(637年)に蝦夷が叛き入朝を拒否したことから、形名は将軍に任ぜられ蝦夷討伐に向かう。形名は一旦蝦夷に敗れ、兵は逃亡し、砦も包囲されてしまう。形名も逃げ出そうとするが、形名の妻は「あなたのご先祖さま方は海を渡り、万里を越え、海外を平定し武勇を残したのに、ここで死ぬのは先祖の名を汚すことです。」と夫を鼓舞し、夫に無理やり酒を飲ませた上で自ら夫の剣を佩き、弓を張り、女達に弓弦を鳴らさせた。形名は再び奮い立ち進撃した。

蝦夷はまだ多くの兵がいると思い少し軍を引いた。その間に、形名は戻ってきた味方の兵をまとめ上げ、蝦夷を破ることに成功したという[2]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 鈴木真年『諸系譜』第12冊,上毛野君
  2. ^ 『日本書紀』舒明天皇9年条

参考文献編集

  • 宇治谷孟『日本書紀 (下)』講談社学術文庫、1988年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年