メインメニューを開く
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 灘区 > 上野通

上野通(うえのどおり)は兵庫県神戸市灘区町名の一つで、昭和6年(1931年)9月に上野字琴野・寺ノ前・花木・東原・観音寺と五毛字山路・弓場・中島・天神・一貫・宝寺と畑原字東上イバノ元から成立した。郵便番号:657-0817。

東は篠原本町、南は赤坂通、西は青谷町神戸市道山麓線を挟んで北は西側が城の下通で東側が国玉通。東西に細長く、東から順に一~八丁目がある。

町名の由来は旧上野村にあり、「ゆるやかな地形=野」の上手という字義通りの地形で、『五畿内志』によれば旧名を天城野といい。天城郷(あまぎのさと)は菟原郡の一つである。

『灘区の地名』においてはイバの由来について弓場と共に豪族の屋敷と関連させた「射場」とイワイバを縮めた「斎場(いば)」の2説が挙げられている。旧小字観音寺の由来となった観音寺は消滅したが、2017年現在、市バスの停留所名に名を残す。

平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)における世帯数は997、人口2,289で内男性1,069人・女性1,220人[1]

脚注編集

  1. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年8月3日閲覧。

参考文献編集

  • 『神戸の町名 改訂版』神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6
  • 『灘区の町名』灘区役所広報相談課、灘区役所広報相談課、1976年。