メインメニューを開く

下野 一霍(しもの いっかく、1889年9月11日 - 1969年6月24日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将。旧姓、松原。

下野 一霍
生誕 1889年9月11日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1969-06-24) 1969年6月24日(79歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1911 - 1945
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

東京府出身。1911年(明治44年)5月、陸軍士官学校(23期)を卒業。同年12月、砲兵少尉任官。1914年(大正3年)11月、陸軍砲工学校高等科(第20期)を優等で卒業。さらに1919年(大正8年)11月、陸軍大学校(31期)を優等で卒業した。

1932年(昭和7年)4月、陸士教官となり、1934年(昭和9年)9月、砲兵大佐に昇進。1935年(昭和10年)3月、野戦重砲兵第8連隊長に就任。1937年(昭和12年)3月、第6師団参謀長に発令され、谷寿夫師団長に仕える。日中戦争に出征し、第二次上海事変南京攻略戦徐州会戦に参加。1938年(昭和13年)3月、陸軍少将に進級し下志津陸軍飛行学校付となる。

1938年7月、熊谷陸軍飛行学校幹事に転じ、第9飛行団長に異動。1940年(昭和15年)8月、下志津飛行学校長となり、同年12月、陸軍中将に進み太平洋戦争を迎えた。

1942年(昭和17年)2月、漢口で新設された第58師団長に親補され、司令部応城に置き、前身であった独立混成第18旅団の任務を引き継ぎ応城付近の警備や治安維持に従事した。1944年(昭和19年)3月、南方軍付となり、同年5月、同軍兵站監に就任したが、同年12月、東部軍付となり帰国。1945年(昭和20年)2月、予備役編入となった。

著書編集

  • 五島広作編『南京作戦の真相 - 熊本第六師団戦記』東京情報社、1965年。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。