メインメニューを開く

与論島方言(よろんじまほうげん)または与論方言(よろんほうげん)は鹿児島県奄美諸島与論島で話される琉球語方言である。現地では「ユンヌフトゥバ」と呼ばれる。エスノローグでは与論語(よろんご)(Yoron language) としている。

与論島方言
与論語
ユンヌフトゥバ
話される国 日本
地域 与論島鹿児島県奄美諸島
話者数 950 (2004年)  [1]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 yox
テンプレートを表示

分類的位置編集

与論島方言の分類的位置は議論があり、沖永良部島方言沖縄北部方言と共に沖永良部与論沖縄北部諸方言として括られている区分[2]が一般的だが、沖永良部方言喜界島方言南部と共に「南奄美方言」[3]として括る区分もある[4]。エスノローグでは中央沖縄語(沖縄方言)、沖永良部語(沖永良部島方言)、国頭語(沖縄北部方言)とともに「南部奄美・沖縄語群」と括っている。

脚注編集

  1. ^ Yoron at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Karimata Shigehisa 狩俣繁久 (2000). "Amami Okinawa hōgengun ni okeru Okinoerabu hōgen no ichizuke" 奄美沖縄方言群における沖永良部方言の位置づけ (Position of Okierabu Dialect in Northern Ryukyu Dialects)". Nihon Tōyō bunka ronshū 日本東洋文化論集 (in Japanese) (6): 43–69.
  3. ^ 北奄美方言は大島、徳之島、喜界島北部、南奄美方言は喜界島南部、与論島、沖永良部島とする区分である。
  4. ^ 中本正智・中松竹雄 1984