世界宇宙飛行の日

世界宇宙飛行の日(せかいうちゅうひこうのひ、英:International Day of Human Space Flight)は、1961年4月12日、世界初の人を乗せた人工衛星ヴォストーク1号ソビエト連邦によって打ち上げられたことを記念する記念日国際連合総会が2011年4月7日に決議し、4月12日が世界宇宙旅行の日に制定された[1]

このとき、人類で初めて宇宙に行ったユーリ・ガガーリンの、「地球は青かった」の言葉は、世界に残る名言になっている。

また、NASAスペースシャトルコロンビア』の最初のフライトも20年後の1981年4月12日に打ち上げられているが、これは当初の打ち上げ予定から2日延期された結果、偶然4月12日になったものである。

脚注編集

  1. ^ Nations, United. “International Day of Human Space Flight” (英語). United Nations. 2020年4月12日閲覧。

関連項目編集