世良田満義

鎌倉時代後期から南北朝時代の武将。世良田頼氏-世良田教氏(嫡男)-世良田家時-満義

世良田 満義(せらだ みつよし)は、鎌倉時代後期から南北朝時代武将

 
世良田満義
時代 鎌倉時代後期-南北朝時代
生誕 嘉元2年(1304年
死没 応安元年/正平23年(1368年
別名 孫次郎
官位 下野守
氏族 世良田氏
父母 父:世良田家時[1]
兄弟 貞国満氏満義[2]
政義義秋[1][3]
テンプレートを表示

経歴・人物編集

上野国新田荘世良田郷領主。新田義貞鎌倉攻めに従い、稲村ヶ崎にて安東聖秀勢を破る[4]延元3年/建武5年(1338年)義貞が越前にて戦死すると世良田郷に戻る[4]

満義は元享3年(1323年)、嘉暦3年(1328年)、元徳2年(1330年)に長楽寺に田地等を寄進している[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 尊卑分脈
  2. ^ 『世良田系図』
  3. ^ 『徳川系図』
  4. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『世良田満義』 - コトバンク
  5. ^ 『長楽寺文書』