平野 (へいや) または平地 (へいち) とは、山地に対して、低く平らな広い地形のことを指す地理用語である。

概要編集

平野は一般に標高が大きく変化しない。平野は谷底に沿った地域や山の周辺の段状の地域に見られる。海岸平野として見られる場合もある。山の中の平らな所は平野とは呼ばず、盆地、あるいは高原という。

平原を含めた平野は地球上の主要な地形の一つである。全ての国に存在し、世界の陸域の3分の1以上を占める。溶岩流や、河川湖沼氷河による堆積丘陵や山地からの侵食によって形成される。

一般に、(温帯亜熱帯の) 草原、(半乾燥地域の) ステップ、(熱帯の) サヴァナ、(極域の)ツンドラなどの生物群系(バイオーム)に覆われる。砂漠熱帯雨林が平野に生成される場合もある。

平野は土壌が深く発達し肥沃であり、平坦なので農業生産における機械化が容易であることや、牧畜に必要な良質の牧草が草原を通して供給されることから、農地としても利用されやすい。

平野の分類編集

成因などにより、以下のように分けられる。

日本の平野一覧編集

 
日本の衛星画像

日本の平野のほとんどが沖積平野である。若干、海岸平野があるものの、それも河川の影響が皆無というわけではない。

以下、各地方の代表的な平野を挙げる。括弧内は平野内の河川と都府県(北海道は地方名を記載)。

北海道地方編集

東北地方編集

関東地方編集

中部地方編集

近畿地方編集

中国地方編集

四国地方編集

九州地方編集

関連画像編集

仙台平野 関東平野多摩川 富山平野 砺波平野庄川小矢部川
濃尾平野木曾三川河口 米子平野日野川 讃岐平野



世界の代表的な平野編集

参考文献編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 約1.7万平方キロメートルで国土面積の5%近くを占める。日本全国の平野(約9万平方キロメートル、国土の約4分の1)の約18%を占める。2番目に広い十勝平野(約8000平方キロメートル)、3番目に広い石狩平野(6500平方キロメートル)と比べ、断トツで広い。参考・山崎晴雄; 久保純子 (2017). 日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語. 講談社. p. 107. ISBN 978-4-06-502000-5 

外部リンク編集