メインメニューを開く
中国共産主義青年団団旗
中国共産主義青年団徽章

中国共産主義青年団(ちゅうごくきょうさんしゅぎせいねんだん)とは、中国共産党による指導のもと、14歳から28歳の若手エリート団員を擁する青年組織。略称は共青団(きょうせいだん)。

概要編集

トップの中央書記処第一書記は、賀軍科(2018年6月29日就任)。1920年8月に陳独秀戴季陶[1]らが中国社会主義青年団として設立する[2]。翌年に発足する中国共産党の基盤を固めるために、下部組織として作られた。1925年の第3回全国代表大会で中国共産主義青年団、1949年4月中国新民主主義青年団と改称。1957年に現在の名称(元の名称)に決定される。団員数は8900万人(2013年末現在)。

青年が共産主義を学習する学校として機能しており、実質中国共産党の予備軍である。直接中国共産党に入党することも可能であるが、将来共産党高級幹部を目指すためには先ず共青団に入団し、共産党に入党するのがエリートコースとされている。共青団が指導する下部組織として中国少年先鋒隊(少先隊)があり14歳以下の少年が所属している。

共産主義青年団中央委員会は、党中央委員会の指導を受け、共産主義青年団の地方各クラスの組織は、同じクラスの党委員会の指導を受けると共に、共産主義青年団の上級組織の指導を受ける。

青年団の県クラスおよび県クラス以下の各クラス委員会の書記、青年団委員会の書記は、党員である場合、同じクラスの党の委員会および常務委員会の会議に列席することができる[3]

2018年に第18期全国代表大会は第1書記に賀軍科・常務書記を選出した、2017年に前任の第1書記は事実上更迭され、9カ月間にわたりトップが空席となっていた[4]

2019年4月には共青団は2022年までに学生1000万人超を地方に派遣すると決定して「下放の復活」であるとして物議を醸した[5]。また、予算が大幅に減らされているほか、「反腐敗闘争」を進める党中央の組織から、「貴族化や娯楽化」の現象があると批判され、中央の共青団の幹部を減らすなどの改革案が発表されている[6]

歴代第一書記編集

  • 兪秀松(1920年08月-1922年04月)
  • 施存統(1922年05月-1924年12月)
  • 劉仁靜(1922年年末)
  • 張太雷(1925年01月-1927年04月)
  • 任弼時(1927年05月-1928年06月)
  • 關向應(1928年07月-1949年03月)
  • 馮文彬(1949年04月-1953年06月)
  • 胡耀邦(1953年07月-1978年09月)
  • 韓英(zh)(1978年10月-1982年11月)
  • 王兆国(1982年12月-1984年12月)
  • 胡錦涛(1984年12月-1985年11月) - 第4世代
  • 宋德福(zh)(1985年11月-1993年05月)
  • 李克強(1993年05月-1998年06月) - 第5世代
  • 周強(1998年06月-2006年11月) - 第6世代
  • 胡春華(2006年11月-2008年05月) - 第6世代
  • 陸昊(2008年05月-2013年3月) - 第6世代
  • 秦宜智(2013年3月-2017年9月)
  • 賀軍科(2018年6月ー)

団派編集

共青団出身者によってつくられている団派と呼ばれる派閥は、2002年に総書記に就任した胡錦濤をトップに、徐々にその勢力を拡大している。2006年には省党委書記(及び市党委書記)が上海幇、省長(副書記)が共青団出身者という構図が多く見られた。トップの上海幇は徐々に共青団出身者にとって代わられている。

団派のイメージは、2012年に令計画が、高級スポーツカー運転中の事故で死亡した息子の隠蔽工作を行ったことでダメージを負ったとされる[7]

主要な構成員編集

第5世代
  • 李克強:政治局常務委員、国務院総理
第6世代

有名な共青団出身者編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 范小方・包東波・李娟麗『国民党理論家戴季陶』河南人民出版社 1992年5月 132頁
  2. ^ http://www.spc.jst.go.jp/export/sites/default/report/200612/no_03/mr03_downloads/report.pdf
  3. ^ 中国共産党規約(第十章) 党と共産主義青年団との関係”. 2012年6月2日閲覧。
  4. ^ 共青団トップ選出=9カ月ぶり空席解消-中国”. AFP (2018年6月29日). 2018年7月28日閲覧。
  5. ^ 「下放」の再来か…中国、地方部に若者数百万人の派遣検討”. AFPBB (2019年4月13日). 2019年4月21日閲覧。
  6. ^ 力そがれる共青団” (2017年10月13日). 2018年1月2日閲覧。
  7. ^ “中国の習近平主席、党内ライバル派閥「抑え込み」で権力確立狙う”. (2016年10月8日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/10/post-5991_3.php 2019年9月9日閲覧。 

外部リンク編集