メインメニューを開く
关向应

関向応(せき・こうおう、中国語読み:关向应 グァン・シアンイン  Guan Xiangying 、1902年9月10日-1946年7月21日)は、中国の政治家、八路軍幹部。本来の名前は関致祥、またの名を応禀。満州族遼寧省金県(現在の大連市金州区)大関家屯の出身。1946年に延安で病死した。

略歴編集

1904年9月18日、遼寧省金県大関家屯で出生。[1]

1924年4月、中国社会主義青年団に加入し、ソ連モスクワへ留学。

1925年1月、中国共産党に入党。

1928年7月、共青団中央書記になる。

1931年、上海国民党により逮捕される。

1935年、紅2、6軍団を指揮し長征。

1936年12月、第2方面軍政治委員﹑中央革命軍事委員会委員となる。

1938年12月、賀龍と120師を率いて中(河北省)へ赴き、冀中区総指揮部政治委員。

1945年、中共第7次全国代表大会で中共中央委員に当選。

1946年7月、延安で病死。

記念作業編集

大連・金州が生んだ偉人として、生家等が観光地として整備されている。

・関向応記念館(大連市金州区向応鎮関家村大関屯)

・向応広場(大連市金州区)

・向応像(大連市金州区向応広場)

・向応公園(大連市金州区)

脚注編集