中国路(ちゅうごくじ)とは、江戸時代における山陽道の別名で、大坂あるいは京都から西宮を経て、下関九州太宰府を結ぶ脇街道のひとつ。西国街道(さいごくかいどう)、西国道(さいごくどう)、西国路(さいごくじ)、中国街道(ちゅうごくかいどう)、山陽路(さんようじ)ともよばれた。

  • 大坂と西宮を結ぶ街道。別名は中国街道浜街道(はまかいどう)。 →中国街道を参照。
  • 京都から下関・九州の太宰府までを結ぶ街道。別名は西国街道西国路中国街道山陽路。→西国街道を参照。