中尾 宏(なかお ひろし、1924年5月19日[1] - 1992年7月12日[1])は、日本の政治家自由民主党衆議院議員(1期)。

経歴編集

鹿児島県出身[2]。旧制鹿児島高等商業学校(現鹿児島国際大学)卒[2]満洲に渡り、満州電業社に勤務する[2]。後に帰国し山本実彦の秘書になり、世界出版を創設。雑誌「世界春秋」の主幹となる[2]1972年第33回衆議院議員総選挙において鹿児島2区から無所属で立候補して当選[3]、自民党に入る。衆議院議員は1期務めた。1976年第34回衆議院議員総選挙で落選[3]。以後、立候補しなかった。1992年死去。

脚注編集

  1. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、867頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』439頁。
  3. ^ a b 『朝日選挙大観』492頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。