メインメニューを開く

中山伝信録』(ちゅうざんでんしんろく)は、徐葆光1721年康熙60年/享保6年)に著した琉球地誌である。全6巻。

概要編集

徐葆光は、琉球國尚敬王冊封のため、1719年(康熙58年/享保4年)に冊封副使として琉球國に赴き、帰国後に琉球滞在中に収集した資料や見聞等をまとめた復命書(冊封使録)を康煕帝に提出した。その副本に加筆して1721年(康熙60年/享保6年)に刊行されたのが本書である[1]

各巻の内容は以下の通り[2]

  • 第1巻 - 中国から琉球への航路、冊封使の航海日誌等[3]
  • 第2巻 - 冊封の儀礼や歓待の宴(冊封七宴)等[4]
  • 第3巻 - 舜天から尚敬王に至る歴代中山王の系譜[5]
  • 第4巻 - 琉球各地の地理、地名、産物[6]
  • 第5巻 - 公的機関、官僚機構、教育機関、宗教等[7]
  • 第6巻 - 風俗・産物・言語等[8]

影響編集

本書は日本に輸入されて、『重刻中山伝信録』と称する和刻本が累次刊行され、江戸時代の学者はこの書から琉球の知識を学んだ[1]

また、清に渡ったフランス人イエズス会アントワーヌ・ゴービル英語版は、1751年に本書をフランス語に抄訳してパリに送り、この抄訳は1758年に刊行された書籍に「中国人が琉球諸島と称する諸島についての覚書」(Mémoire sur les îles que les Chinois appellent îles de Lieou-kieou)として収載され、ヨーロッパにおける琉球についての貴重な情報源となった[3][9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 和田久徳「『中山伝信録』の清刊本と和刻本」『放送大学研究年報』第5号、放送大学、1987年、 1-14頁。
  2. ^ 中山伝信録 - 文化遺産オンライン(文化庁
  3. ^ a b 中山伝信録 巻1”. 琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ 伊波普猷文庫. 琉球大学附属図書館. 2019年2月23日閲覧。
  4. ^ 中山伝信録 巻2”. 琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ 伊波普猷文庫. 琉球大学附属図書館. 2019年2月23日閲覧。
  5. ^ 中山伝信録 巻3”. 琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ 伊波普猷文庫. 琉球大学附属図書館. 2019年2月23日閲覧。
  6. ^ 中山伝信録 巻4”. 琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ 伊波普猷文庫. 琉球大学附属図書館. 2019年2月23日閲覧。
  7. ^ 中山伝信録 巻5”. 琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ 伊波普猷文庫. 琉球大学附属図書館. 2019年2月23日閲覧。
  8. ^ 中山伝信録 巻6”. 琉球・沖縄関係貴重資料デジタルアーカイブ 伊波普猷文庫. 琉球大学附属図書館. 2019年2月23日閲覧。
  9. ^ 長谷川亮一『地図から消えた島々』吉川弘文館、2011年、60-61頁。

外部リンク編集