メインメニューを開く
程順則肖像
沖縄県那覇市にある程順則の碑

程 順則(てい じゅんそく、1663年11月27日 - 1735年1月1日)は、第二尚氏王統琉球王国の士族。琉球名は寵文(ちょうぶん)。名護親方(なぐうぇーかた)を務めた。

生涯編集

寛文3年(1663年)、久米に生まれる。父は真和志間切古波蔵村の地頭職を務めた程泰祚。進貢使ともに清国へ赴いた父の泰祚が、三藩の乱福州へ戻れず、蘇州1676年に客死したことから、12歳から母の訓育のもとで育った。

15歳で元服、21歳で通事となり、謝恩使とともに渡清。一度は琉球に戻るが、再度渡清して同国の福州に留まり、陳元輔のもとで程朱学と漢詩を数年間学ぶ。

儒教の造詣の深さから鴻儒と評され、王命で首里の位階官制・服制を整理して編纂した。 尚貞王の世子尚純、世孫の尚益の侍講となり、中城御殿に宿泊しつつ、講義を含む王子への教育を役目とする。

その後、進貢使として数回清国へ赴く。1706年夏の渡清の際、福州で私費による刊行物を制作した。同地では、かつて福州留学中に感銘を受けた『六諭衍義』に序と跋(後書)を添えて刊行、また『指南講義』や『焚余稿』など、数種の本を私費で制作して琉球へ帰国した。

正徳4年(1714年)、謝恩使らとともに江戸へ赴き、薩摩藩藩主島津吉貴に私費で刊行した六諭衍義を献上し、日本橋茅場町荻生徂徠と会合する。帰途の際、摂政辞任後の近衛家熙から京都鴨川の別荘物外楼の詩文を依頼されなどがあり、同地に寄留している。後に古波蔵村の地頭と官位が上がり、紫金上夫、三司官座敷を賜わり八十万石の知行となる。66歳で名護間切の総地頭となり、72歳で没した。

琉球で最初の公的教育機関となる、明倫堂1714年開設)の創設を建議した。また、清国福州で刊行した六諭衍義は、後に日本各地の寺子屋へと普及した。