メインメニューを開く

中島 悠爾(なかじま ゆうじ、1930年10月2日 - )は、日本のドイツ文学者、東京都立大学名誉教授。

東京出身。学習院大学文学部独文科卒、1958年東京大学大学院修士課程修了。静岡大学教育学部講師、助教授、東京都立大学助教授、教授。96年定年退官、名誉教授、獨協大学教授。1979年までNHK教育テレビドイツ語講座講師。2000年『リヒャルト・シュトラウス ホーフマンスタール往復書簡全集』で日本翻訳文化賞受賞。ドイツ中世文学・語学専攻[1]

著書編集

共著編集

  • 『たのしいドイツ語 会話・文法5週間』桜井和市共著 開拓社 1969
  • 『歴史をつくる女たち 2 不滅の愛に生きて』共著 集英社 1983
  • 『必携ドイツ文法総まとめ』平尾浩三,朝倉巧共著 白水社 1985
  • 『ペーターとカーリン ドイツの学生生活』Hans-Gunther Krauth, Gudrun Wossidlo共著 郁文堂 1988
  • 『初心者のためのトレーニングドイツ語』平尾浩三,朝倉巧共著 白水社 1994
  • 『練習中心初級ドイツ文法 新正書法版』平尾浩三,朝倉巧共著 白水社 2002

翻訳編集

  • ヘルマン・ヘッセ著 フォルカー・ミヒェルス編『ヘルマン・ヘッセと音楽』音楽之友社 1992
  • 『リヒャルト・シュトラウスホーフマンスタール往復書簡全集』ヴィリー・シュー編 音楽之友社 2000

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年