メインメニューを開く

中條 忍(ちゅうじょう しのぶ、1936年1月2日[1] - )は、フランス文学者、青山学院大学名誉教授。

目次

略歴編集

横浜市生まれ。横浜市立桜丘高等学校、1959年東京大学文学部仏文科卒、1967年同大学院人文科学科博士課程満期退学。青山学院大学講師、70年助教授、83年教授。2003年定年退任、名誉教授。 ポール・クローデルが専門。

著書編集

  • 『ポール・クローデルの日本 〈詩人大使〉が見た大正』法政大学出版局、2018

共著・監修編集

翻訳編集

  • ルコント・デュ・ヌイ『人間その運命』山崎庸一郎共訳. 弥生書房(弥生選書) 1970
  • ジャック・カボー『シモーヌ・ヴェーユシモーヌ・ヴェーユ伝』山崎庸一郎共訳 みすず書房 1974
  • ジャンージャック・アンチエ『カレル、この未知なる人』春秋社 1982
  • 『文学と信仰のはざまで クローデルとの往復書簡 (ジャック・リヴィエール リヴィエール選集』山崎庸一郎共訳. 弥生書房 1982
  • 「小羊」『モーリヤック著作集 5』春秋社,1983
  • アレクシー・カレル『熱き想いの日々 遺された天才の断章』春秋社 1984
  • ジュヌヴィエーヴ・セロー『ヌゥヴォ・テアトルの歴史』思潮社 1986
  • ジャン=マリ・トマソー『メロドラマ フランスの大衆文化』晶文社 1991

参考編集

  • 「メロドラマ」訳者紹介文

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987